PC-98 整備日記 その2(メモリ編)

■ PC-98の整備 その2(メモリ編)

FP SIMM 128MB

このPC-98の頃ってメモリが非常に高価で・・・

FP SIMMパリ有り Samsung製 32×4=128MB

SIMMなので、2枚単位で増設していきます。(例外はありますが・・・)
ソケットへ斜めに差し込んで、あとは金具へかけるだけ。簡単です。
差込自体は簡単なのですが、相性というか、"パリ"というものがあります。
この選択を間違えると、絶対に動きません。

パリティ(パリ)というのはエラーチェック用で、エラー数が多い程、発見の確率が100%へ近くなるという仕組みです。
発見次第、システムを止めてデータ破壊を防ぎます。

エラーの修正機能はありません。
※ System Clockが50MHzの場合はパリ無し、66MHzの場合はパリ有りが必要のようです。

パリを偽装するパリティジェネレータというのもありますが、相性が激しく、あまり使えません。

当然、66MHzなのでパリ有りです。片面のチップ数が奇数の場合、パリ有りです。(パリ生成用チップが1つある為。)
※ 128MBとなりますと、チップ数が多く、見ごたえ有ります。

本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[自動集計 Ver5.0]
1:[会社概要] お気軽にお問い合わせください.
2:[パソコンコラム] PC-98 ビデオカードについて