PC-98 整備日記 その1

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

■ PC-98の整備 その1

Windows95の発売直前、当時ではハイスペックとして登場したPC-98。確かに、Windows95を快適に動かせます。

CPUPentium 133MHz
Memory16MB
HDD1.2GB
VGATrident 1024×768 16bit 2MB
LAN10/100Mbps

当然ながら、2003年の今となってはもう・・ではなく、
DirectX 8.1対応ゲームも、軽いものなら快適にプレイ可能の域まで成長できました。
空いているPCIは2つ。これが非常に重要です。
※ あとはCPUですね。K6-III 400NHzが良さそうです。では、早速始めましょう。