データ復旧サービス Windows物理障害 成功事例

ホームデータ復旧サービス成功事例データ復旧サービス Windows物理障害 症例

■ データ復旧サービス Windows物理障害 症例

 復旧率を上げるには、ドライブの状態が大切となります。

1, 状態の悪化

 チェックディスク, 過度の電源投入, 不安定なままの動作継続による悪化に十分ご注意ください。 ヘッド変形やプラッタ歪みなど、電源を入れる度に状態が悪化いたします。 なお、すぐに電源を切りまして、そのまま置いておく分には全く問題ございません。 ある程度の悪化はエラー訂正技術により、問題なく復旧できます。ご安心ください。

2, ご自身でのドライブ開封

 ハードディスクを専門業者以外が開封しても、出来る事はございません。 なお、万一分解されてしまった場合でも、諦めずに、まずは初期診断をお願いいたします。

3, 初期診断作業で開封されたドライブ

 画像のように開封されている場合がございます。初期診断作業での無断開封です。 これでは、復旧機会を失いかねないため、十分にご注意ください。

4, プラッタ歪みやフラッシュ読み出し不良

 最も多いのが「プラッタ系統」「フラッシュ読み出し不良」の障害です。独自の技術でしっかり対応いたします。

過去に取り扱ったご案件_111 過去に取り扱ったご案件_112 過去に取り扱ったご案件_144 過去に取り扱ったご案件_99