AIデータ復旧サービス Windows物理障害 成功事例

■ アクセス [ベスト 5]
1:AI完全自動ドライブ復旧システム FromHDDtoSSD:最新版ダウンロード
2:ドライブ故障統計(ビッグデータ採用):ストレージ故障予測の仕組み 概要 用途別に2種類をご用意 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
3:AIデータ復旧サービス 機械学習スキャン(AI)による安定したお見積・復旧率が安心の鍵
4:ドライブ検査は断られました お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに復旧はできる?)
5:担当者ブログ ※ 2017年はR.E.C.O.A.I.中心にまとめます。

ホームAIデータ復旧サービス→成功事例→AIデータ復旧サービス Windows物理障害 成功事例

■ AIデータ復旧サービス Windows物理障害 成功事例

□ 主な注意点をまとめました

1, 状態の悪化

チェックディスク, 過度の電源投入, 不安定なままの動作継続による悪化に十分ご注意ください。
ヘッド変形やプラッタ歪みなど、電源を入れる度に状態が悪化いたします。
※ すぐに電源を切りまして、そのまま置いておく分には全く問題ございません。
※ なお、ある程度の悪化はエラー訂正技術により、問題なく復旧できます。専門業者へ出される前に少し試されたなどは、何の問題もなく許容範囲内です。

2, 危険な開封

ハードディスクを専門業者以外が開封しても、出来る事は何一つございません。
※ 分解等は一切せずに、そのままご依頼頂きますと、最善の復旧率を確保できます。

3, 1度限りの復旧機会?

「お見積高額」による作業キャンセルにて、画像のように開封されている場合がございます。
これでは、復旧機会を失いかねないため、十分にご注意ください。

4, プラッタ歪み

他社復旧不能判断で最も多いのが「プラッタ系統」の障害です。
通常、このような状況下では最も高額な業者へ発注する以外に方法はないとされていました。
※ 時間単価5,250円に、作業時間約500時間を掛け合わせるようなお見積書です。高額ですが、致し方ないです。
作業時間に関しましても、現実的にその程度(200~2000時間)を要します。

※ 採算性はほとんどなく、厳しい面もございますが、必ず最後まで作業いたします。
=>学習スキャン(人工知能)で解決いたしました。

過去に取り扱ったご案件_101 過去に取り扱ったご案件_102 過去に取り扱ったご案件_134 過去に取り扱ったご案件_89

■ AIデータ復旧成功事例(過去の古い事例)

※ 作業難易度を付けております。1(簡単)から5(難しい)となっております。

事例 症状・ご利用形態・作業難易度 型番&大きさ&全容量 障害&考察 復旧率(%) 作業期間
1 [法人さま]
windows起動後 画面が固まる → CTRL+ALT+DELETE がきかないので、強制切断 → 再起動後、システムファイルがみつからないと表示される。 ハードディスクを復元ソフトで読ませようとしても、認識しない。(USB SATAどちらも)
AIデータ復旧サービス
作業難易度:3
WesternDigital製
3.5インチ型 内蔵接続
1.0TB (1000GB)
物理障害中度
読み込み不能セクタ(ヘッド消耗系)
100 1日程度
作業担当[矢野]より:ヘッド系統の読み込み率が低下する物理障害を起こしておりまして、大容量HDDに多く見られる障害です。 プラッタ歪みなどが原因で、ヘッド先端が少しずつ壊れていく障害に相当いたします。
2 [法人さま]
初期障害は”hal.dllの壊れ・読めない”等の為、 Windowsが起動しなくなった次にHDDをUSB接続してデータのバックアップを試みたがカシャ・カシャ音が激しくなるフォルダーからExcelなどのアイコンまでは表示するが、 コピーできないといった症状です。
AIデータ復旧サービス
作業難易度:3
東芝製
2.5インチ型 内蔵型
320GB
物理障害中度
読み書き不能セクタ(ヘッド損傷)
90 2日程度
作業担当[矢野]より:東芝製ハードディスクの大容量によく多発する物理障害となります。内部より引き摺るような音が出まして、全く動作できない状態になります。 クリーンルーム(内部部品交換)に至る手前で復旧できるように最善を尽くしております。お気軽にご相談ください。
3 [個人さま]
当初ハードディスクの調子が悪そうな感じはしていたが動作していたため、使用していた。 ところがある日からハードディスクから異音(カチカチと周期的な音)が出るようになり起動しなくなってしまった。→ハードディスクの読み込み不良?
AIデータ復旧サービス
作業難易度:4
Seagate製
3.5インチ型 外付型(BUFFALO製)
2.0TB (2000GB)
物理障害重度
読み込み不安定&認識不能
100 4日程度
作業担当[矢野]より:Seagate製の大容量によく多発する物理障害となります。読み書き不能セクタが重なりまして、認識不能となってしまう物理障害に相当いたします。 動作途中から認識不能化(一切のコマンドを受け入れなくなります)いたしますので、復旧ソフトウェアでは厳しいケースです。お気軽にご相談ください。
4 [個人さま]
不確かな記憶ですが、いつも通り電源を切ろうとした時にmsnの更新プログラムがあり、その更新作業が終了したら自動的に電源が切れるはずでした。 そのままパソコンから離れ、10時間後くらいに電源が切れていないことに気付き、電源ボタンを押して電源を落としてしまいました。 それから10日後くらいに、電源を入れると「A disk read error occured」というメッセージが画面にでるだけでした。
AIデータ復旧サービス
作業難易度:4
Samsung製
3.5インチ型 内蔵接続
1.0TB (1000GB)
物理障害重度
認識不能
100 2日程度
作業担当[矢野]より:A disk read error occuredは、HDDのマスターブートレコードが読めない場合に出てきます。 そして、それが読み込めない点より、HDDが認識できていない、またはセクタ0が読み書き不能セクタと解釈する事ができます。 前者の場合はクリーンルーム作業(内部部品交換)によるデータ復旧が必要となりますが、後者ならばクリーンルーム等の開封作業を必要といたしません。 異変に気が付きましたら、お早めにご相談いただけたら幸いです。
5 [法人さま]
使用中にカシャカシャと音がして突然フリーズし、ファイル操作が不能となる。一度シャットダウンし再立ち上げを行ったが同じ状態。
シャットダウンも不能となり強制終了。そして、それ以降電源投入後windowsすら立ち上がらなくなった。
富士通の修理センターに見てもらったが、HDD交換が必要との回答のため、修理せずそのまま返却してもらった。
その後電源は入れていない。まだ買ってから半年程度です。
AIデータ復旧サービス
作業難易度:5
HITACHI(HGST)製
2.5インチ型 7mm 内蔵接続
320GB
物理障害重度
認識不能
100 3日以内
作業担当[矢野]より:HITACHI(HGST)製 2.5インチ型の7mmは、早いもので半年、長い物では3年程度経過後に物理的な障害を起こし易い性質がございます。 このため、ご依頼いただきましたドライブは「2014年」または「2011年」のドライブが、そのほとんどを占めております。これだけ偏ると、物理的な損傷にクセがあるドライブと考えております。 また、作業難易度は高い傾向がございます。複数個所が同時に壊れている場合も多いため、その原因の突き止めが重要となっております。ただ、綺麗に復旧できます。
6 [法人さま]
パソコンを起動すると、HDDの2台目は認識されるものの「ドライブを使うにはフォーマットする必要があります」のメッセージパーテーション分割したもう1台のドライブは認識されない。 HDDの1台目は2パーテーション認識(ドライブC,I)されるが、データがあったと思われるドライブIにはデータが見つからない。ドライブCはWindows7がある。Windows7は正常に起動した。
AIデータ復旧サービス
作業難易度:3
Seagate製
3.5インチ型 内蔵接続
2000GB (2.0TB)
物理障害軽度
読み書き不能セクタが不規則に発生
100 2日以内
作業担当[矢野]より:大容量のSeagate製ドライブとなります。Seagate製の場合、500GB以降が同じ特性を持っておりまして、似たような故障が統計より出ております。 統計から故障した際に生じる読み書き不能セクタの発生位置を掴む事ができますので、それを元に読み書き不能セクタの場所以外からスキャンを入れていきます。 この方式で、Seagate製に致命的な損傷(ブーン音)が出て、復旧できなくなる怖いリスクを上手く回避する事ができます。 また、Seagate製の場合で動作がおかしい場合は、リスクが高いため、データ復旧を希望される場合は業者へご相談ください。 最後に至る「ブーン音」が出てしまいますと、ファームウェアを焼いてしまうため、復旧できなくなる可能性が上がってしまいます。
7 [個人さま]
ウイルスソフトが更新されない状況を見てもらい(PCショップ)、そのときは特に問題が見られず(16日位)。 その後23日にマウスの矢印が動かなくなり再度持ち込み、HDのスマートエラーを検出。エラーをスキップしても起動せず、画面には何も映らない。
データ復旧+パソコン修理完結
作業難易度:3
Samsung製
3.5インチ型 内蔵接続
250GB
物理障害中度
読み込み不能セクタ(磁性体剥離)
95 2日以内
作業担当[矢野]より:BIOSの段階でスマートエラーを検出した場合は、機械的な損傷を負っております。 損傷が進行した場合はクリーンルームを利用する作業(物理障害重度C)が必要となりますが、実際にはその手前で復旧可能な場合が多いため、お気軽にご相談ください。
8 [法人さま]
STOP:0x000000ed(Unmountable_Boot_Volme)発生、Windowsインストール情報が認識されていない模様。CHKDSK /R、FIXMBR&FIXBOOTを実施、正常に書き込まれるが、起動不可。 他のPCに接続、アクセスを試みるが「インページエラー」、ドライブのプロパティを確認、
0バイトを確認し自分では復旧できないと判断した。
データ復旧のみご利用
作業難易度:3
Maxtor製 3.5インチ型 内蔵接続
80GB
物理障害軽度
読み書き不能セクタ
95 3日以内(今の最速技術ならば即日対応可能)
作業担当[矢野]より:Maxtor製に多発する読み書き不能セクタによる障害です。季節に関係なく、よく復旧させていただいております。 企業様向けのDELL デスクトップに採用されていた点もご依頼の多い要因かもしれません。既に復旧方法等は完熟いたしており、リーズナブルな料金にて取り扱っております。
9 [法人さま]
あるソフトをインストールした後、再起動したら Windows が立ち上がらず、 A disk read error occurred Press Ctrl+Alt+Del to restart という画面表示になった。 Ctrl+Alt+Del キーを押して、何回か再起動を繰り返したが、事態は変わらず。 ここで、増設してあったメモリを外した。 起動させると、今度は Drive 0 not found: Serial ATA, SATA-0 Strike the F1 key to continue, F2 to run the setup utility No boot device available - strike F1 to retry boot, F2 for setup utility というメッセージが出て止まった。 HD 自体は、異音を発していたようなことはなかった。 アクセスが特に遅いというようなこともなく、前兆はなかった
データ復旧+パソコン修理完結
作業難易度:3
Maxtor製
3.5インチ型 内蔵接続
160GB
物理障害中度
読み書き不能セクタ
98 3日以内(今の最速技術ならば即日対応可能)
作業担当[矢野]より:これも2番の読み書き不能セクタと同じ症例です。 メモリを外した際に出たエラーメッセージはHDDが認識していない事を示しており、ハードディスクを悪化させてしまったかもしれないという事を一番にご心配しておられましたが、 単にSATAケーブルの接触不良でした。さすがにメモリを外した程度では大丈夫です。
10 [個人さま]
windows2000 起動せず USB経由でハードディスクを見るとフォルダまでは見えるが中が読めない。読もうとすると応答せずになる。市販復旧ソフトをかけたが中は読めなかった。
データ復旧のみご利用
作業難易度:4
IBM製
2.5インチ型 内蔵接続
80GB
物理障害重度A
ヘッド系統の読み取り不能
100 3日以内(今の最速技術ならば即日対応可能)
作業担当[矢野]より: ソフトウェアによるデータ復旧に関しましては、ハードディスクの動作自体が正常な場合に限り有効となります。物理的に読み込みできない場合は全く歯が立ちません。
11 [個人さま]
インターネットをしていてニフティに接続しようとしたら、エクスプローラーの画面が突然出てきて7.0にグレードアップしませんかとメッセージが出て来たのでダウンロードして決定のキーを押した途端パソコンが再起動され、 ブラックアウトとなりウィンドウズに問題があると表示された。その後サポートセンターに電話し、ハードのエラーと判明、サルベージ業者が5,6万円で復旧作業をやってくれると聞き、 インターネットで検索し御社が一番安くて信頼できると思い電話しました。
データ復旧+パソコン修理完結
作業難易度:3
Maxtor製
3.5インチ型 内蔵接続
120GB
Windows
物理障害軽度
読み書き不能セクタ
90 1日(今の最速技術ならば即日対応可能)
作業担当[矢野]より:長年低負荷な環境にて、惰性で動いていたHDDに対し急激な負荷をかけた場合に起こる障害です。 このような流れで障害を起こすパターンは比較的多く、RAID-5のリビルド失敗などの原因にもなっております。(リビルド作業は高負荷を要求されます)
12 [個人さま]
再起動をしようとしたら立ち上がらなかった。 その後: 起動時に毎回発生。 電源ボタンを長押しして、強制終了し、再起動しても同じようにたちあがらない。 WindowsXPの最初の文字がでたあと、画面が真っ暗なままとまる。 立ち上がる前にファンクションボタンで自己診断に行くと、 DST short status test 1000-0142 Msg Uiit4 79がでたので、 SymptomTree Service tagでrun testすると Test for Cannot Boot the OS IDE Disk-Read test Error Code 0F00:0244 Msg:Block22471208:Uncorrectable data error or media is write protected. IDE Disk Verify test Error Code 0F00:1A44 Msg:Block 22471208: Uncorrectable data error or media is write protected. でした。 dellにコンサルトしたところ、HDDのトラブルでしょう。とのことで、有償修理になるとのことでした。 デスクトップのヒンジが弱ってきており、買い替えを検討していたので、買い替えを考えています。 HDDのデータがある程度だせればいいとおもっており、いくらくらいかかるか、見積もり次第でお願いしたいと考えています。
データ復旧のみご利用
作業難易度:3
IBM
2.5インチ型 内蔵接続
30GB
Windows
物理障害軽度
読み書き不能セクタ
100 4日(今の最速技術ならば即日対応可能)
作業担当[矢野]より:経年劣化による障害です。徐々にエラーが増加し、それが起動を司る重要なエリアまで達しますと動かなくなります。
13 [個人さま]
「教えてgoo」で拝見しました。電源を入れると、"Operating System not found"と表示され、Windowsが起動しません。現在はスイッチを入れると、 「ガー」というような異音を発して "DISK I/O error Releace the disk, and then press any key" と表示されています。
データ復旧+パソコン修理完結
作業難易度:4
東芝製
2.5インチ型 内蔵接続
40GB
Windows
物理障害中度
モータ系統障害(軽)
100 3日(今の最速技術ならば即日対応可能)
作業担当[矢野]より:東芝製に多発する傾向がございますモータ系統の障害となっております。軸受が焼け、回転抵抗が上昇する症状です。 最終的には完全に焼けてしまい回らなくなります。完全に焼けた場合は分解する修理が必要となりますが、実際にはその手前で復旧できる場合が多く、 いずれにせよプラッタの障害ではないため、100%復旧できる案件となります。
14 [個人さま]
一度電源offにしたPCをまたすぐに立ち上げなおしたところ「Windows XP」のロゴが画面に出たあと画面が真っ暗になり「アプリケーションの初期化に失敗しました」とメッセージが出てPCが動かなくなりました。 サポートデスクに連絡し、診断してもらったところHDDが破損している様子で修理が必要と言われました。PCの中にためた写真だけはあきらめきれずどうにか復旧できないかとご相談した次第です。
データ復旧のみご利用
作業難易度:3
日立製
2.5インチ型 内蔵接続
20GB
Windows
物理障害軽度
読み書き不能セクタ
85 5日(今の最速技術ならば即日対応可能)
作業担当[矢野]より:日立製のDKシリーズと呼ばれる、旧型のタイプです。 動作音が大きく、物理障害の重度と勘違いされやすいのですが「重度」に達している案件はそれほど多くはありません。
15 [個人さま]
4日 メールチェックの際読み込み中フリーズ。Ctrl+Alt+delも出来ず、主電源により強制終了。その日にもう一度同じ症状。 9日 サウンドデバイスが無くなっていた。マイクロソフトより更新情報有り、更新準備が出来、再起動中にフリーズ。ハードディスクランプついたまま。主電源により強制終了。 10日 電源を数度つけ消ししていると、何も反応しなくなった。
データ復旧+パソコン修理完結
作業難易度:3
WesternDigital製 3.5インチ型 内蔵接続
40GB
Windows
物理障害軽度
読み書き不能セクタ
100 3日
作業担当[矢野]より:読み書き不能セクタが一箇所に集中する障害です。こちらのページの「WD400BB」をご参考ください。本件と似たような解析結果となっております。このような場合、集中する不良エリアを一旦回避いたしまして、正常なエリアを優先的に回収する安全な手法を採用いたしております。
16 [法人さま]
HDDへのアクセスが不安定になり、再起動を数回おこなったところWINDOWSロゴ画面へすら到達できなくなった。
データ復旧+パソコン修理完結
作業難易度:4
東芝製
2.5インチ型 内蔵接続
40GB
Windows
物理障害中度
モータ系統障害(軽)
100 2日
作業担当[矢野]より:東芝製に多発するモータ系統の障害です。ノートパソコンに採用されている例が多いため、よく見かけます。
15 [個人さま]
VAIOノートブックがフリーズ、電源長押しで電源を落とす。改めて電源ボタンで再起動。 ガリガリと異音、「VAIOロゴ」が表示されたあとは画面が真っ暗、表示されず。
データ復旧+パソコン修理完結
作業難易度:4(元の環境復旧)
Toshiba 60GB Windows
物理障害中度
モータ破損
元の環境ごと復旧
100 3日
作業担当[矢野]より:東芝製に多発するモータ系統の障害です。ノートパソコンに採用されている例が多いため、よく見かけます。また、プラッタ側の損傷ではないため、環境ごと丸々復旧できる場合が多いです。
17 [個人さま]
Panasonic製のレッツノートR4を使用。 1ヶ月ほど前からWindows起動時および起動中のHDDアクセスが多発、Windows起動やプログラムの起動が遅くなる。 数日前に電源を投入すると、「重大なエラーから復旧」云々のメッセージらしきものが見える。 そして、IEでインターネットサイトを見ていてリンクをクリックすると、そのままHDDアクセスが止まらなくなり、強制終了。再度電源投入すると、WindowsXPのログイン画面が表示されるが、HDDのアクセスが止まず、使える状態にならない。
データ復旧+パソコン修理完結
作業難易度:3
東芝製
2.5インチ型 内蔵接続
40GB
Windows
物理障害中度
プラッタ障害軽度
100 2日
作業担当[矢野]より:経年劣化によるプラッタの劣化が原因です。正常なアクセスが妨げられ、ヘッドが迷走する動作音が生じます。実際の復旧作業では迷走する箇所を「回避」または「エラー訂正」にて問題なく乗り切ります。
18 [法人さま]
DELL Dimension 5100C Windows XP 普通に使えていたが、突然ブルー画面。英文メッセージの下の方に STOP : 0x000000ED の表示。異音は無し。電源OFFして、再度電源を入れると XPのロゴが表示された後、再度ブルー画面。
データ復旧+パソコン修理完結
作業難易度:4(元の環境復旧)
Seagate 160GB Windows
物理障害軽度
磁性体剥離
元の環境ごと復旧
100 2日
作業担当[矢野]より:磁性体剥離による軽い障害です。データ損失に関しましてはほとんど影響がなく、元々の環境ごと復旧できる場合が多い事例です。
19 [個人さま]
普通にPC操作中、突然マウスの反応がなくなる。Windowsの画面が固まり、HDDの規則的な動作音が繰り返される。CRL-ALT-DELも効かず、電源を強制OFF。その後、電源をONにしても、初期画面が出た後、同様の規則的なHDD動作音、そして黒い画面のまま止まります。
データ復旧+パソコン修理完結
作業難易度:4
東芝製
1.8インチ型 内蔵接続
40GB
Windows
物理障害重度B
プラッタ障害中度
100 2日
作業担当[矢野]より:前触れなく大部分のセクタへアクセス不能となる障害です。経年劣化の一種なのですが、読み込めなくなる範囲で障害段階の判断が分かれております。
20 [法人さま・暗号化]
症状としてはノートPCを鞄に入れた状態で鞄ごと落下、システム(windows xp)が起動しない状態。 HDDを取り出して中身を見るとフォルダ、ファイル名、ファイルサイズ共に見た感じでは問題は無いですが、ファイルの中身がメチャクチャになっています。(エクセルファイルは開いてもTXTファイルとして認識され文字列の羅列となっております)
データ復旧のみご利用
作業難易度:5(暗号)
東芝製
2.5インチ型 内蔵接続
40GB ※ 暗号化
Windows
物理障害軽度
再発読み込み不能セクタ
復号不整合
(暗号化:秘文)
100 4日
作業担当[矢野]より:HDDを取り出しても、暗号化されておりますので読み込む事はできません。だからといってシステムは壊れた状態です。また、このお客さまが採用された暗号はパスワードではなく、システム起動の際にドライバを読み込んでマウントさせるタイプです。よって、外付けなどの手法も通用しないことになります。データ復旧作業にて上手い方法を探索済ですので、それを利用して復号いたします。*注:パスワードは必要となります。
21 [個人さま]
ある時、とあるフォルダを開こうとすると、「ファイルが壊れている」という旨のエラーが出て開けず、それが次第に他のフォルダにも拡大。 外した後に再び接続すると、認識はされるが、ドライブにアクセスしようとすると「○\にアクセスできません ファイルまたはディレクトリが壊れているため読み取ることができません」というエラーメッセージが出て開けず。 なお、ディスクはパーティションを2つ(130GB弱、および150GB)に分けており、アクセスできなくなったのは前半(130GB)の方のみで、後半の方には問題なくアクセス可能。 システムのタイプはNTFS。 問題の発生したパーティションについては、フォーマット、チェックディスク等の復旧作業は行わず。
データ復旧のみご利用
作業難易度:3
Maxtor製
3.5インチ型 内蔵接続
300GB
Windows
物理障害中度
拡散読み込み不能セクタ
100 1日
作業担当[矢野]より:読み書き不能セクタが広がり、エラーとなるフォルダが拡散する症状となっております。チェックディスクだけはエラーをさらに拡散させますので実行は控えていただくよう、よろしくお願いいたします。
22 [法人さま・お急ぎ]
PCが頻繁に落ちるようになり、青い画面のメッセージが出ていた。 富士通のPC診断をすると、HDD エラーとなってしまった。 その後、黒い画面となりSYSTEM DISKの要求があった。 ダメもとで、リカバリーを試みるが途中で中断。 今はこの状態になっているが。 データの取出しが可能か、費用的なものはおおよそどれくらいになる のか、よろしくお願いします。
データ復旧のみご利用
作業難易度:4
HGST製
2.5インチ型 内蔵接続
80GB
Windows
物理障害重度A
動作不安定
100 4時間
作業担当[矢野]より:ノートパソコンのハードディスク障害となっております。当日復旧にてご満足いただけました。
23 [法人さま]
当該ディスクをDELL Precision490に接続、共有設定をしLAN経由で社員へ開放(アクセス人数:15人) ・イベントログにて、2009/01/03 00:19:04より以下のようなログが複数回、およそ1時間おきに警告が発出、2009/01/03 14:32:39に発出が止まる。 ソース:Ftdisk 分類:Disk The system failed to flush data to the transaction log. Corruption may occur. ソース:Disk 分類:なし An error was detected on device \Device\Harddisk2\D during a paging operation. ・本日再接続を試みると、USBドライブとしての認識は一旦するものの、HDDからカシャ、カシャという音が聞こえると同時に、HDDが接続している間はPCはハングアップに近い状態となる (御社サイトから判断すると、物理障害A~B程度かと思われる)
データ復旧のみご利用
作業難易度:4
Lacie製
3.5インチ型 外付接続
300GB ※ 2台
Windows
物理障害重度A
ヘッド損傷による読み取りレート低下
100 3日
作業担当[矢野]より:内部でRAID-0接続の外付ハードディスクでした。これは1台でも異常が発生いたしますと、全体へ影響が及びます。外付で内部がRAID-0というのは意外な盲点です。
24 [個人さま]
重度論理障害を疑い、はじめ他社に送りました。 悪化を恐れ、私のところではデフラグやデータスキャン等は行っていません。 しかし、障害が進行していたらしく『BIOSレベルで認識できない。復旧不可』と言われてしまいました。 調査結果は上記の通りになります。 スピンドルモータの物理障害なのか、ファームウェアの論理障害なのかもはっきりしないとのことでした。 おそらく開封はしていないものと思われます。 HDD返却後に、現状把握のため電源を入れたところ、『ヒューン』と音がしたのち『ジジジッ』と数回アクセス音が鳴る(アクセスランプも数回点滅する)ものの、PCは起動しないままです。 次にHDDをスレイヴとしてつなぎ、『ディスクの管理』で見たところ、パーティションは認識するものの、ファイルシステムは表示されず、『フォーマットしますか?』と出ました。そして、他社に送る前はなかった『未割当て領域』が出現していました。
データ復旧のみご利用
作業難易度:4
HGST製
2.5インチ型 内蔵接続
160GB
Windows
物理障害重度B
70 10日
作業担当[矢野]より:色々と難しい問題を抱えておりまして、それが複合的に重なった場合、色々な症状が多岐の場面で展開される形となります。『未割当て領域』が出現した点に関しましては、最善を尽くしても把握できない複雑な要因が多数重なって生じたものと考えられます。
そのような今回の場合は、例え時間を要しても最良な場面となるまで再試行することにより、タイミング良くデータを復旧することが可能です。
25 [法人さま・お急ぎ]
共有フォルダに保存していたバックアップファイル(容量大)を、共有でないフォルダに移動しながら、フォトショップとパワーポイントを起動し作業していたら、突然青い画面に次のような表示がありました。 『A problem has been detected and windows has been shut down to prevent damage to your computer. UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME If this is the first time you’ve seen thes stop error screen. Restare your computer. If thes screen appears again, follow chese steps: Check to made sure any new hardware or sojtware is properly installed. If this is a new installation, adk your hardware or software manufacturer for any windows updates you mignt need. If problems continue, disable or remove any newly installed hardware or software. Disable BIOS memory options such as caching or shadowing. If you need to use safe mode to remove or disable components, restart Your computer, press F8 to select Adwanced startup options, and then celect safe mode. Technical information: *** STOP: 0x000000ED (0x82AB4710,0xC0000185,0x00000000,0x00000000) 』(英字に間違いがあるかもしれません。) safeモードでも起動できません。
データ復旧のみご利用
作業難易度:3
WesternDigital製
3.5インチ型 内蔵接続
640GB
Windows
物理障害中度
動作不安定
100 10時間
作業担当<矢野>より:WesternDigital製は突発的に動作が不安定となる事例が多い傾向にございます。本件もそれが原因でWindowsを維持できず、そのままブルーバックで落ちてしまう典型的な例となります。さらに悪化してしまいますと認識すら至らなくなりますので、早急な処置にてデータを復旧いたします。
26 [法人さま]
PCの具合が悪くなったので、大事なデータは外付けハードに保管、新しいPCを購入し、メール関係のデータをインポート、エクスポートしようと試みた。 outlookを使っていて、新しいPCはwindowsメールのため、いこうが上手に運ばなかった。そのため、outlook expressへ、旧PCの中で移行を行う。その後outlook expressからメッセージをエクスポートしようと試みたところ、CRCエラーが表示された。さらに、起動にも至りません。
データ復旧のみご利用
作業難易度:3
Samsung製
3.5インチ型 内蔵接続
500GB
Windows
物理障害軽度
磁性体剥離
読み書き不能セクタ
100 1日
作業担当<矢野>より:パソコンが不調に陥った原因が読み書き不能セクタにございます。この不良セクタが存在する状態で、データのやり取りをした結果、不良セクタが拡散してしまい、CRCエラー、起動不可に繋がっております。データスキャン作業にてエラーの発生いたしましたセクタを取り除き、データ再構築作業にて問題なくデータを復旧いたしております。
27 [個人さま]
Windows2000Pro使用。C:(起動),D:ドライブ(データ) OS起動画面(windows2000)のプログレスバーが右端まで進んでしばらくして、フリーズした思い、いったん電源を切った後、再起動したらOperatingSystemNotFoundとなった。 USBディスクケースに入れて、外付けとして認識させたところ、物理的認識しているようだが、ドライブとして認識しない。(デバイスのコントローラエラーがイベントログにあがる) 御社のFromHDDtoSSDで確認したところ、3469574から等間隔で不良セクタという結果が出た。C:は起動環境なので復旧は不要。D:(NTFS)のデータを復旧したい。
データ復旧のみご利用
作業難易度:2
WesternDigital製
3.5インチ型 内蔵接続
1.0TB
Windows
物理障害軽度
磁性体剥離
読み書き不能セクタ
100 1日以内
作業担当<矢野>より:大容量HDDに多発する読み書き不能セクタと考えられます。使用開始から僅か1ヶ月で多発する例も多数拝見いたしておりますので、使用開始より3ヶ月は、様子を伺いつつ利用する方法が最善です。
28 [法人さま]
0:BUFFALO外付けHDDを接続してThinkPad の電源入力 1:PCの立ち上げ時、windowsが起動する祭にctrl+alt+del にてWindowsのユーザID、PSW入力したところ、一瞬エラーの青い画面が出た後、再度IBMの画面(BIOSの起動画面)に戻る 2:再度WINDOWSが起動しようとしたため、ユーザID、PSW入力したら再び1と同様にIBMの画面 3:1と2を数回繰り返したが結局Windowsがあがらないため、HDDをはずして再起動しようとした。 (このとき、HDDはまだ認識していないと思い込んで、Thinkpadの電源を切る前にHDDのUSBコネクタを抜いてしまった 4:ThinkPadのみで起動したところ、Windowsも正常に立ち上がった 5:ThinkPadをシャットダウンし電源OFF確認後、外付けHDDをつないで再度立ち上げたところ、Windowsは正常に立ち上がった 6:エクスプローラーで外付けHDDを開こうとしたところ、「ドライブEのディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」が出て、アクセスできない 7:HDDを別のPCにつないでみても、メッセージは変わらない 以上が現象です。
データ復旧のみご利用
作業難易度:4
WesternDigital製
3.5インチ型 内蔵接続
640GB
Windows
物理障害重度A
極端な読込レート低下
ヘッド系統の消耗
100 2日
作業担当<矢野>より:ハードディスクが壊れかけますと、それを接続するパソコンにも影響が出始めます。かろうじて認識に至っても、既に全く読み込めない場合が多く、その症例の大半はヘッド系統に問題を抱えております。ヘッドの破損具合で開封か否か決まります。

症例の多いパターンを優先いたしまして、その一部を掲載いたしました。
その他にも多数のデータ復旧実績がございます。なにとぞよろしくお願いいたします。

過去に取り扱ったご案件_111 過去に取り扱ったご案件_112 過去に取り扱ったご案件_144 過去に取り扱ったご案件_99

■ 最新:AIデータ復旧成功事例

WesternDigital製 300GB (東京都[個人様])
他社作業失敗による復旧率の悪化(データ復旧は、単にパソコンに接続してサルベージソフトをかける作業ではありません)
□ お客さまより 1ヶ月ほど前に、起動したところ、「オペレーションシステムが起動しません」という 内容の英語の白いメッセージが黒い画面に出てそれ以降全く起動しません。以降数回強制終了と起動をしましたが結果は同じでした。 最初のエラーが出る前は、前々日位まで普通に使えていました。デスクトップ一体型のパソコンですが、某量販店に持ち込み見てもらったが復旧できないと言われた。ハードディスクのみ抜いてもらってパソコンはそのまま買い取ってもらい、今はハードディスクのみ手元にあります。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗(汚れ等)

採用技術:クリーンルーム作業&不良セクタ危険予知
ヘッド系統の消耗から発生するプラッタ歪みからのドライブ悪化に関する制御に失敗された状態を確認いたしました(復旧率が2割程度低下)。データ復旧は、単にパソコンに接続してサルベージソフトをかける作業ではありません。ドライブをきちんと検査・測定しつつ、悪化に関するリスク管理を必要といたします。今回の場合は、プラッタの歪む具合を常時監視しつつ、ヘッドの投入方向を少しずつ変えながらスキャンを進めれば、100%綺麗に復旧できた点は確実ゆえに、誠に残念でなりません。

Seagate製 1000GB (神奈川県[個人様])
他社作業失敗による復旧率の悪化(データ復旧は、単にパソコンに接続してサルベージソフトをかける作業ではありません)
□ お客さまより ソニーのデスクトップパソコンを使おうとしたところ(電源はいつも入れっぱなしでした)、キーボードを押しても反応しなかった為、電源長押しをして強制終了し、再び電源をいれたが、正常に起動しなくなってしまった。セーフモードでも起動できず、ソニーのサポートセンターに聞きながらやってみたが、起動しなかったので、ソニーに修理に出した。ソニーではHDDが破損しているということだったので、HDDを交換してもらった。壊れたHDDにバックアップしていない家族のビデオデータ(ハンディカムのデータ)が入っており、ハードディスクケースを購入し、壊れたHDDを外付けHDDとして接続してみたが、マイコンピュータにドライブとして認識されずにあきらめた。その後、某量販店にデータ修復を依頼したものの、復旧できなかったという状態です。復旧作業をしていたパソコンが止まってしまい、復旧作業を続行できなくなったという旨の連絡がきて、復旧は不可能と言われました。取り出したいデータは、ハンディカムで撮った家族のビデオデータのみで、100GB程だったと思います。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗(汚れ等)

採用技術:クリーンルーム作業&不良セクタ危険予知
ヘッド系統の消耗から発生するプラッタ歪みからのドライブ悪化に関する制御に失敗された状態を確認いたしました。データ復旧は、単にパソコンに接続してサルベージソフトをかける作業ではありません。ドライブをきちんと検査・測定しつつ、悪化に関するリスク管理を必要といたします。今回も、単に接続されソフトをかけただけと思われる失敗で、プラッタ表面をえぐった損傷が出ておりまして、復旧可能な割合が3割以上低下しておりました。ヘッド系統の消耗ならば、リスク管理にて100%綺麗に復旧できた点は確実ゆえに、誠に残念でなりません。

WesternDigital製 500GB (神奈川県[法人様])
他社作業失敗による復旧率の悪化
□ お客さまより 現象 端末を起動すると、「Non-System disk or disk error replace and strike any key when ready」とメッセージが表示されOS起動ができません。また、BIOS画面を開いてもHDDを読み取っていません。起動するとHDDに異音があります。はじめ他社へ依頼したのですが、下記連絡があり復旧できませんでした。[他社診断結果] HDDを検査したところ、磁気ヘッドに重度の障害がある可能性が高いことが判明しました。検査を行ったところ、HDDステータスエラーが出ていることから、HDD障害時にSA情報の損傷あるいはモジュール損傷の疑いがあります。解析機にて磁気ヘッドマップ作成および磁気ヘッド切り替え検査を行いましたが、障害レベルが非常に高い状態のため、物理的な部品交換(クリーンルームでのHDD開封検査作業)が必要と判断し、大変残念な結果でございますが、弊社ではデータ復旧不能と診断させて頂きます。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュ(ヘッド損傷)

採用技術:クリーンルーム作業&不良セクタ危険予知
異音が発生しておりまして、内部ヘッド損傷による物理障害を確認いたしました。ただ、1プラッタ製品となりますので、このような場合でも綺麗に復旧する事ができる機種とはなっておりました。しかしながら、プラッタの表面に軽めの傷が多数入り込んでしまってしまい、これらが復旧率を3割以上下げてしまう原因を生み出していました。これについて、他社診断結果に「解析機にて磁気ヘッドマップ作成および磁気ヘッド切り替え検査」とあります。このような作業はクリーンルーム作業(HDD開封作業=>内部ヘッド交換作業)を実施のち、ドライブの状態を安全圏まで上げてから行う作業となります。すなわち、危険な状態でこのような切り替えを実施いたしますと、損傷したヘッドがプラッタ表面を傷付けてしまい、復旧率を大幅に低下させる原因を作り出すのみです。

Seagate製 2000GB (東京都[個人様])
他社作業失敗による復旧率の大幅悪化
□ お客さまより 1.異常発生時期 6月末 2.状況 起動時、HDDから「カチカチ」と音がし、自動的に回転が止まる。このHDDは、データ保管用として使用。3.データ復旧会社へ依頼 データ復旧会社へ依頼したところ、以下のとおり復旧ができなかった。データ復旧会社よりの回答=>HDDを検査したところ、磁気ヘッドに重度の障害がある可能性が高いことが 判明しました。検査を行ったところ、HDDステータスエラーが出ていることから、HDD障害時にSA情報の損傷あるいはモジュール損傷の疑いがあります。解析機にて磁気ヘッドマップ作成および磁気ヘッド切り替え検査を行いましたが、障害レベルが非常に高い状態のため、物理的な部品交換(クリーンルームでのHDD開封検査作業)が必要と判断し、大変残念な結果でございますが、弊社ではデータ復旧不能と診断させて頂きます。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュ(ヘッド損傷)

採用技術:クリーンルーム作業&不良セクタ危険予知
異音が発生しておりまして、内部ヘッド損傷による物理障害を確認いたしました。さらに、ヘッド先端が変形してしまう状態(明らかに通常の範囲を超えた曲がり方)を確認いたしまして、念のため落下させたかどうかお客様に確認した位、酷い状態でした。そして、これらが復旧率を6割以上下げてしまう原因を生み出していました。復旧率が大幅に低下するため、お客様に作業続行の件を伺いました結果、それでも続行を希望されましたので、復旧作業を実施いたしております。また、他社診断結果に「解析機にて磁気ヘッドマップ作成および磁気ヘッド切り替え検査」とあります。このような作業はクリーンルーム作業(HDD開封作業=>内部ヘッド交換作業)を実施のち、ドライブの状態を安全圏まで上げてから行う作業となります。すなわち、危険な状態でこのような切り替えを実施いたしますと、損傷したヘッドがプラッタ表面を傷付けてしまい、復旧率を大幅に低下させる原因を作り出すのみです。

Seagate製 2000GB (東京都[個人様])
他社作業失敗による復旧率の大幅悪化
□ お客さまより デスクトップ(Windows8.1)で急にWindowsが起動できなくなり、自動修復もダメでした。何度か再起動を切り返しております。OS等のシステムファイルはCドライブ(内蔵SSD)にインストールしており、それが破損したのだと思ってたんですが、デスクトップやマイドキュメント、その他ファイルを保存してDドライブとして使用していた2TB内蔵HDDを外したところ、OSは正常に起動できました。当該HDDは、PCの電源を入れた時に少しだけ回転しているような音が小さくしますが、すぐに無音に変わります。当該HDDが壊れたと認識してからは、音を確認するために、PCに接続された状態で2回電源を入れました。 別の業者に検査を依頼してHDDを発送したところ、以下の回答がきました。また、貴社において同製品(もしくは同等製品)の以下のような重度物理障害における復旧事例は複数ありますでしょうか。可能な限り全てのデータを復旧していただきたいと考えております。お忙しいところ大変申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い致します。【HDD検査結果】 重度物理障害。HDDを検査したところ、磁気ヘッドに重度の障害がある可能性が高いことが判明しました。検査を行ったところ、HDDステータスエラーが出ていることから、HDD障害時にSA情報の損傷あるいはモジュール損傷の疑いがあります。解析機にて磁気ヘッドマップ作成および磁気ヘッド切り替え検査を行いましたが、障害レベルが非常に高い状態のため、物理的な部品交換(クリーンルームでのHDD開封検査作業)が必要と判断し、大変残念な結果でございますが、弊社ではデータ復旧不能と診断させて頂きます。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュ

採用技術:クリーンルーム作業&不良セクタ危険予知
異音が発生しておりまして、内部ヘッド損傷による物理障害を確認いたしました。さらに、ヘッド先端が変形してしまう状態(明らかに通常の範囲を超えた曲がり方)を確認いたしまして、こちらも念のため落下させたかどうかお客様に確認した位、酷い状態でした。そして、これらが復旧率を大幅に下げてしまう原因を生み出していました。復旧率が大幅に低下するため、お客様に作業続行の件を伺いました結果、それでも続行を希望されましたので、復旧作業を実施いたしております。

外付ハードディスク [HDCA-U1.0K] WesternDigital製 1000GB (東京都[個人様])
■ ヘッドクラッシュによる物理障害
□ お客さまより
画像・動画を保存していた外付けHDDですが、ある日突然PCから見ることができなくなってしまいました。 電源ランプは点灯し、作動音は聞こえます。通常とは違い、小さな異音が繰り返し聞こえ続けます。まず他社Aに調査を依頼したところ 「ヘッド、プラッタ接触障害、ファームウェア障害が疑われる」 「クリーン環境内での高度データ解析、整合措置が必要」とのことでした。 高額なため、他社Bに依頼したところ 「磁気ヘッドならびにプラッタ(記憶媒体)に重度の障害がある可能性が高いことが判明」そして提携業者への依頼となるそうですが、その詳細を開示してもらえなかったため、一旦引き取りました。 ネット上で貴社サービスによりデータが復旧した事例を拝見し、今回お願いする次第です。よろしくお願い致します。
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュによる物理障害

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッド一式の交換を必要とする段階を確認後、クリーンルームでヘッド一式を交換、プラッタ歪み(歪みの凹凸で吸着)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

外付ハードディスク [ST1000LM024] Samsung(OEM)製 1000GB (東京都[法人様])
■ 機密データを海外で作業?
□ お客さまより
異音がするのでクローンコピーしようとしたらHDDが認識されない。もともとのUSB接続で内容を確認したかったがエラーが表示されてしまった。他社に依頼したところヘッドが壊れているようで、格安でやってもらえたのですが、難しかったようで駄目でした。このあと、海外の業者に回された事を知り愕然としました。その業者の詳細は教えてもらえません。機密データの問題もありますので先に言って貰えれば絶対に断っていました。状況は最悪ですが、お願いできますか?
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュによる物理障害

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッド一式の交換を必要とする段階を確認後(ドライブは既に開封されていました)、クリーンルームでヘッド一式を交換、お客様のご許可をいただきプラッタを調整後(プラッタ側の調整には同意書が必要)、プラッタ歪み(歪みの凹凸で吸着)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

Seagate製 1000GB (新潟県[法人様])
不良セクタ&ヘッド消耗で認識が途切れる物理障害
□ お客さまより 起動後しばらくはアクセスできて、ファイルやフォルダも見えます。ファイルをコピーしようとすると途中で進行が遅くなって、しばらくするとアクセスできないとメッセージが出て以降アクセスできなくなります。再起動するとまたアクセスできますが同様の現象になります。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 認識切断によるSeagate製特有の物理障害

採用技術:継続読み出し(認識切断回避)
Seagate製のみに発生する特殊な物理障害となっております。DMシリーズを含め、変わった物理障害を多く抱えている印象が強くなっております。この症状は、認識が急に途切れて動作不能となります。このような状態ですので、起動後はしばらく動きますが、急にフリーズ=>アクセス不能という症状を引き起こします。認識不能となる条件を取り除いてデータスキャン作業を進める事により、綺麗に復旧できる事例です。

WesternDigital製 500GB (東京都[法人様])
ヘッド系統の消耗(Testdiskでもダメ)
□ お客さまより お世話になります。問題のPCはEPSON Endeavor NY2400Sです。以下、時系列です。8/18 問題PCに電源投入してもWindos8.1が起動せず、自動的にBIOS設定画面が表示されるようになる。特段事前事後に異音など無し。・HDDを取り外して、Windows7 PC(A)にSATA-USBアダプタを介して接続したところ、Dドライブとして認識された。「エラーを修正するか?」という意味のメッセージが出たが、そこではキャンセル。その後アクセスに異常に時間がかかるが、Windowsエクスプローラにてディレクトリ構造は見えた。・別の Windows7 PC(B)に上記アダプタにて接続したところ、Dドライブとして認識される。しかしWindowsエクスプローラ、コマンドプロンプトでアクセスを試みるも、「パラメータが間違っています」「CRCエラー」のいずれかのメッセージが出て、ドライブの内容を見ることができなくなった。・Windows7 PC(A)に接続しなおすが、同様の症状でもはやディレクトリ構造が見えない。・WindowsエクスプローラでDドライブにアクセスすると、「フォーマットしますか?」と聞かれ、キャンセルすると「CRCエラー」が表示される。・「ディスクの管理」で見ると、複数のパーティションが存在し、Dドライブ部分が RAW(データ)として表示された。ツール TestDisk・Advanced > Disk /dev/sdb - 500 GB / 465 GiB - CHS 60801 255 63 Partition Start End Size in sectors > 1 P Unknown 2048 16779263 16777216 [Basic data partiti 2 P EFI System 16779264 17311743 532480 [EFI system partiti 3 P MS Reserved 17311744 17573887 262144 [Microsoft reserved 4 P MS Data 17573888 934830079 917256192 [Basic data partiti 5 P Unknown 934830080 976773119 41943040 [Basic data partiti on] 4行目が問題のセクタだが、[Boot]を見ると、PBRのStatusは本体・バックアップとも OK・Analyse > Quick Search 2レコード表示した後にエラー表示 Read error at 1093/204/15 (lba-17571911) その周辺で劇的に進行が遅くなる。30分で50シリンダー程度しか進行しなくなり、1221/60800 シリンダーで停止したのであきらめる。表示された2レコードは以下の通り MS Data 2048 16779263 16777216 MS Data 16779264 17311743 532480 [SYSTEM] ・問題PC にHDDを戻し、BOOTデバイスをUSBメモリに変更、別のWindows8.1 PCその3 にて作成した回復ディスクUSBメモリを起動、MBR(GPT)の修復を意図して「スタートアップ修復」実施 ・その後、再起動すると、BIOS設定画面は表示されなくなった。メーカーロゴ画面にて「自動修復を準備しています」と表示されたままになり、数十分経つと修復画面が表示されるようになった。結局正常起動には至らない。 8/19 <現状> ・あらためて Windows7 PC(A)に接続し、Windowsエクスプローラ、「ディスクの管理」、TestDiskでの挙動を確認すると先の確認時とほぼ同じ状況。ただし、「ディスクの管理」の D ドライブは空き容量が100%になってしまっている。 以上
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 一部のヘッドの機能低下に加え、磁性体剥離の拡散

採用技術:ヘッドレストレーション&不良セクタ危険予知&エラー訂正
ヘッドの一部が消耗いたしまして、そのヘッドが担当するセクタ区間が読み出せなくなる物理障害を確認いたしました。さらに、それらのセクタ区間を強制的にスキャンされた影響で、磁性体剥離による読み書き不能セクタが発生しておりました。前者のヘッド消耗自体は突然のエラー訂正不能から発生いたしまして、読み出せなくなるセクタが急激に増加するため、急に各データが読み込めなくなる特徴がございます。機能が低下いたしましたヘッドの回復処置を行い、全体をデータスキャンすることにより、綺麗に復旧できる事例です。ただ、磁性体剥離はエラー訂正不能となる場合が多く、僅かですが復旧率が低下いたします。このため、深いスキャンが入り込むツールのご利用はできる限り避けていただきますと、復旧率が大幅に向上いたします。

Seagate製(ST2000DM001) 2000GB (東京都[法人様])
DMシリーズ特有のヘッド系統の消耗
□ お客さまより セカンダリで使用していたHDDの不具合です。作業中、突然HDDを認識しなくなりました。異音などはないです。ディスク管理でも認識されません。HDDを取り外して、HDDケースにてUSB接続してみましたが、「このHDDを使用するにはフォーマットしてください。」 とのメッセージ。コンピュータ ウィンドウからは、ローカルディスクとして認識されますが、容量表示がされない状態です。クリックすると、「巡回冗長検査CRCエラー」の表示となります。データ復旧可能性と可能な場合の概算費用について教えてください。また、データ復旧可能な場合、こちらで用意するHDDにデータ移行して頂きたいと考えています。よろしくお願い申し上げます。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 一部のヘッドの機能低下

採用技術:ヘッドレストレーション&不良セクタ危険予知
DMシリーズで異音を併発する物理障害を確認いたしました。クラッシュする直前では、読み出しの際にクラッシュしたかのような異音が発生いたします。これらもヘッド系統の消耗に相当いたしますので、機能が低下いたしましたヘッドの回復処置(異音まで至った場合は、内部ヘッド一式の交換作業を必要とします)を行いまして、全体をデータスキャンすることにより、綺麗に復旧できる事例です。

HGST製 2000GB (東京都[個人様])
[お持込] チェックディスクでも回復不能
□ お客さまより 外付けHDDにアクセスしようとしたところ、「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」のメッセージと共に、突如ドライブにアクセスできなくなった。(カタカタといった異音などの予兆なし)一旦物理的に接続を解除し、つなぎ直してアクセスしようとしても今度は「ディスクはフォーマットされていません」といった旨のメッセージが出て、アクセスできないまま。プロンプトから「chkdsk /f」「chkdsk /r」を試すも、「マスター ファイル テーブルを回復できません」とメッセージが出る。無料版のデータ復旧ソフトを試しても、ドライブを認識しないまたはファイルリストが出てこない。上記1~4までを試した後、個人の復旧は諦め、物理的に接続解除し、電源からも外した状態で安置している状態です。(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 HGST(東芝製)特有のアクセス不安定(スライダ)

採用技術:不良セクタ危険予知
HGST製(東芝製)特有のアクセス不安定をお取り扱いいたしました。この症状は一気に認識不能まで到達する可能性が高い物理障害に発展する可能性が高いため、目が離せません。しっかりと制御し、危ない部分はきちんと避ける形でスキャンを進めますと、特に問題なく安定して綺麗に復旧することができます。

Seagate製 3000GB & Samsung製 500GB (神奈川県[個人様])
ドライブが回らない
□ お客さまより
画像ファイル等を保存、その直後より断続的な異音がし、シャットダウンも時間がかかりました。 半ば強制的なシャットダウンのようでしたので心配しましたが、5月7日にPCを起動すると、認識されるものの異音がし、中のファイルは見られない状態でした その後はシャットダウン(前回と同様に時間がかかり、強制的な感じでした)し、現在に至ります。 なお、復旧にあたり、約1年前に故障したHDDもチェックしていただきたく思います。こちらは以前にデータ復旧を諦めてしまったものとなります。2014年2月18日に、外付けHDDがPC上で認識はするものの、中身を確認できない状態となりました。それ以前は特に問題なく使用しておりました。問題発生後、異音等はありませんが、アクセスしだしてもすぐ止めてしまったり、アクセスランプがついたままの状態から進みませんでした。開こうとすると、フォーマットしますか?の要求がありましたが行っておりません。▼その後行ったこと・接続不良かと思い、PC変更やUSBケーブル差し替え、電源のON/OFFを数回実施。・外付けHDDを分解、HDD単体にしてPCにIDE接続後、市販のデータ復旧ソフトにて復旧作業を行う。(しかし、必要なデータは復元こそできるものの、破損しているのか、ほとんどが開けない状態でした)(復旧したデータも中身が違っているものもありました)・他のデータ復旧ソフトで試すも、復旧できず。(今度はフォルダーは存在するも、ファイル自体が見当たらない状態に…) その後はHDDをPCから外し、保管しております。 復旧したいデータは250GBのHDD中、約100GBの画像及び動画ファイルです。以上2点のHDDとなりますが、よろしくお願いいたします。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗

採用技術:クリーンルーム&不良セクタ危険予知
読み出せる感度が大幅に低下してしまい、データ復旧ソフトでは太刀打ちできない物理障害を2台、受け賜わりました。両方とも「消耗いたしました内部ヘッド一式」を交換のち、プラッタ歪みよる影響を避けるための不良セクタ危険予知を補助的に活用いたしまして、最善の復旧率を確保いたします。なお、データ復旧ソフトで読み出せない(復旧失敗)のは、現状ヘッドによる出力結果に不良セクタが多く混入してしまい、ファイルの生成に失敗するため、破損しているか、フォルダのみ存在(ファイル名だけは読み出せてしまうため)という結果になってしまいます。データ復旧サービスでは、データ復旧ソフトで難しい場合にも問題なく対応いたしております。

Seagate製 500GB (東京都[法人様])
ドライブを落下
□ お客さまより 不注意による落下によりBIOSで認識出来なくなる。別の復旧業者へ復旧を依頼。重度の物理障害と判定される。初期診断でBIOSで認識されるようになるが、動作が不安定。(開封作業は行っていないとのことです。)提示された復旧のための見積もり金額が高額(50万円以上)ということで復旧をキャンセルし ハードディスクを返却してもらう予定です。現在の状況はこのような状況です。業務で使用する重要なデータがあり、困っています。出来るだけ、早い復旧をお願い致したく。
(データ復旧のみご利用&お急ぎ)
□ 症状の断定 ヘッド系統の吸着

採用技術:クリーンルーム&不良セクタ危険予知
落下によりデータエリアにヘッド先端が飛び出してしまい、動作不能となる物理障害を起こしておりました。飛び出したヘッドの先端の吸着を解除いたしまして、さらに内部ヘッド一式交換作業のち、吸着個所のエラー訂正を徹底的に行いまして、綺麗に問題なく対応いたしました。

WesternDigital製 2000GB (静岡県[個人様])
[お持込] 規則的な異音が発生して動作不能
□ お客さまより デスクトップPCのデータ用に使っている内蔵HDDです。2週間ほど前(正確に覚えていません。)だと思います。この日は、PCの起動直後から、HDDからと思われる異音が少ししていました。一つの動画データにアクセスしようとしたところ、そのデータが開けなくなりました。そのままPCがフリーズ状態となり、強制終了しました。再度電源を入れると、やや時間をかけて起動できましたが、このHDDにはアクセスできなくなり、その後、本体から外し、USB接続の外付けHDDケースに入れてアクセスしてみましたが、こちらも不可能でした。その間、HDDからは規則的な異音がしている状態でした。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュ&プラッタ歪みによる認識不能

採用技術:クリーンルーム&不良セクタ危険予知
WesternDigital製の4プラッタ以上に多発する認識不能(ヘッドクラッシュ&プラッタ歪み)となっておりました。WesternDigital製の4プラッタ以上の機種(3.5インチ)は、ドライブの内部にある重要な各部品を固定するビスが増加しておりまして、その分、バランスを取るのが難しくなっております。このため、クリーンルーム作業にて内部の部品を交換する作業だけでは復旧できません。各部品のバランスを調整しつつ、スキャン速度を上げていく微妙な調整を行い、綺麗に各データを復旧いたしました。

HGST製 3000GB 2台(RAID-0) (兵庫県[個人様])
ヘッド系統の消耗によるRAID-0崩壊
□ お客さまより 以下の構成で、RAID-0を構成してました。RAIDボード:HIGH POINT Rocket Raid 2720 HDD:HDS723030BLE640 3TBx2 1,RAIDドライブのアクセス速度が急激に低下し、PCをシャットダウンしようとしましたが、シャットダウンの画面が表示されたまま終了しなかったので、手動で電源OFF。2,再起動後OSのチェックディスクが起動しこれを実行。3,再度、RAIDドライブのファイルにアクセスしようと試みると、RAIDボードのアラートが鳴り、OSがドライブを認識しなくなる。4,ドライブの一方が代替処理済のセクタ数が→2005、セクタ代替処理回数が→2039 回復不能セクタ数→0だったため、このドライブをクローンし復旧を試みました。5,フリーソフトなどいろいろ試しましたが、クローンがうまくいかず、最終的に、FromHDDtoSSD のヘッドレストレーションを使用しクローンを試みました。6,クローンしたHDDをRAIDボードに接続しましたが、RAIDのアレイとして認識しませんでした。95パーセントまで処理が終わったところまでは確認しましたが、次にPCの画面を開いたときには、アプリが終了していたので、クローンの処理が正常に終了したかは不明です。7,現在の状態は、RAIDボードのBIOS画面にはRAIDが構築されていることが表示されますが、OSの画面ではドライブとして表示されていません。HDDは回復不能セクタ数が20前後になっています。8,現在、HDDは正常と思われる RAID アレイ(A)、異常なもの(B)、(B)をヘッドレストレーションでクローンしたもの(C)の3台があります。(いずれも同じ型番のHDD)9,できれば、RAIDを再構築していただき、データをこちらで用意する1台(6TB)のHDDにコピーしていただければと考えています。以上、見積り・診断など宜しくお願いします。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 1台にヘッド系統の消耗による読み込み不能セクタ多発

採用技術:不良セクタ危険予知&RAID再構築
大容量ドライブ(HDD/SSD)のRAID-0におけるアクセス障害に相当いたします。近年の大容量ドライブ(HDD/SSD)は特に目立った予兆なく突然、アクセス不能となります(特に「ヘッド系統の消耗」は転送速度が少しずつ低下するため分かり難いです)。そして、故障する直前までは「正常」を振る舞いますので、僅かなアクセス不能でも中々気が付きにくくRAIDの整合性が保てなくなり、アレイを見失って初めて気が付くことが多いです。このような場合は設定等では復帰できませんので、故障いたしましたドライブをきちっと復旧処置いたしまして、それにより得られたセクタイメージと、正常なドライブのセクタイメージを専用ソフトウェアにて「RAID再構築」いたします。なお、RAIDの構成・破損状況・結合方式などは研究済で、セクタイメージのみ(ドライブのみ)でも問題なく解析できます。このため、パソコン・サーバ本体などは必要なく、ドライブのみでRAIDの復旧に対応できます。なにとぞよろしくお願いいたします。

Seagate製 3000GB (東京都[個人様])
有名なDMシリーズの物理障害
□ お客さまより HDD使用開始から3年ほど経ち、ある時から書き込み、読み取りが異常に遅くなったり、一部ファイルが突然壊れるなどの症状が出始めました。その後一週間ほどしたらPCがHDDを認識しなくなりました。他のSATAやNASに接続し直しても認識しない状態です。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 プラッタ歪みによる認識不能

採用技術:クリーンルーム&不良セクタ危険予知
Seagate製 DMシリーズに多発する認識不能(特に2000GB,3000GBに多い傾向)となっておりました。このシリーズは前兆なく認識不能となる性質がありまして、内部ヘッドから異音が出ない場合もあります。この異音が出ないタイプの認識不能もヘッド一式が破損しておりまして、歪んだプラッタを読み出せずに動作が停止している状態となっております。この機種からのデータ復旧は難解で、内部ヘッドを数回交換することもよくあります。歪んだプラッタに対抗するために調整ならびに最適化された制御を実施いたしますが、それでも全てを読み切るのが大変な機種です。

WesternDigital製 1000GB (東京都[個人様])
磁性体剥離による物理障害(比較的安定した不良セクタ)
□ お客さまより 7日前くらいからPC(DELL一体型PC, OPTIPLEX9010)の動作が顕著におそくなっていた。故障当日(8月2日)の朝に、さらにPCの動作が重くなったので Windowsの再起動を試みた所、OSが起動しなくなった。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 磁性体剥離による起動不能

採用技術:不良セクタ危険予知
ファイルシステムのメタ情報を格納する各セクタに磁性体剥離による読み書き不能セクタが発生いたしまして、その影響で動作不能となっておりました。物理障害ですが、ドライブの状態は安定しておりまして、特に問題なく各データの復旧を完了いたしました。なお、ファイルシステムのメタ情報に関しましては、どうしてもアクセス回数が多いため、代替不足による読み書き不能セクタに変化しやすい性質がございます。ただ、代替が絡むアクセス不能の場合、特にドライブに対する変化が小さいため、安定して綺麗に復旧することができます。

WesternDigital製 500GB (静岡県[個人様])
磁性体剥離による物理障害(比較的安定した不良セクタ)
□ お客さまより 障害発生前は異音等もなく使用できていました。今日、何の前触れもなく電源投入しBIOSロゴ表示直後、左上にメッセージが出まして、Windows自体が立ち上がってきません。分解してUSBにしたのですが、ドライブは認識しますがパーティションが見えません。そのとき、ドライブからは何度も読もうとする音が出ていました。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 磁性体剥離による物理障害(セクタ0の不良化)

採用技術:不良セクタ危険予知
ファイルシステムのメタ情報を格納する各セクタに磁性体剥離による読み書き不能セクタが発生し、さらにセクタの0番が読み出せなくなっていまして、その影響で認識不能となっておりました。なお、論理的な認識不能による読み書き不能セクタとなっておりましたので、特に問題なく安定して綺麗に復旧することができます。

Seagate製 1000GB (埼玉県[個人様])
[お持込] ヘッド系統の消耗
□ お客さまより 外付けHDD(1TB)が今年4月末ほどからデータが急に読み込めなくなりました。以前はHDDのファン?の音が聞こえていたのですが、データが読み込めなくなってからは音がしなくなりました。現在の状況は、USB接続しても反応する(エクスプローラに機器は表示される)のですが、それ以上アクセスできません。また、一度外付けHDDのケースを外して直接ケーブルでつないでみましたが、同じ状況(エクスプローラに機器が表示されるのみ)でした。パーティション?などは確か特にいじっていないと思います。何回かつなぎ直してみてもダメだったので内部がおかしくなっているのかと思い、今回お問い合わせしてみました。よろしくお願いします。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 一部のヘッドの機能低下

採用技術:ヘッドレストレーション&不良セクタ危険予知
ヘッドの一部が消耗いたしまして、そのヘッドが担当するセクタ区間が読み出せなくなる物理障害を確認いたしました。この症状は突然のエラー訂正不能から発生いたしまして、読み出せなくなるセクタが急激に増加するため、急に各データが読み込めなくなる特徴がございます。機能が低下いたしましたヘッドの回復処置を行い、全体をデータスキャンすることにより、綺麗に復旧できる事例です。

WesternDigital製 1000GB (東京都[法人様])
ヘッド系統の消耗
□ お客さまより BUFFALOのUSB3.0対応外付けHDDです。つなぐと一応認識はされ、HDD側のランプもつきます。「スキャンおよび修復」のメッセージが出て、これを選択するところまではできますが、クリックしても「ディスクにアクセスできない」というメッセージが出てしまいます。同じく、PC上のアイコンをクリックした場合も、「アクセスできません。アクセスが拒否されました」となります。特に落としたりしたわけではなく、PCにつないで使用している一連の流れのどこかで こうなってしまったようですが、他の作業者でしたので、完全には状況が把握できておりません。以上が現状ですが、この先、復旧をお願いする場合の手順も含めて、ご教示いただければ幸いです。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 一部のヘッドの機能低下

採用技術:ヘッドレストレーション&不良セクタ危険予知
ヘッドの一部が消耗いたしまして、そのヘッドが担当するセクタ区間が読み出せなくなる物理障害を確認いたしました。機能が低下いたしましたヘッドの回復処置を行い、全体をデータスキャンすることにより、綺麗に復旧できる事例です。

内蔵ハードディスク [ST3000DM001] Seagate製 3000GB (茨城県[個人様])
イメージ転送ソフトウェアで失敗
□ お客さまより
ここ数日で急に代替処理済セクタ数が増加し、急遽交換用HDDを購入しました。Acronis True Image WD Editionを使用し、全領域の丸ごとバックアップ作業を行いましたが、89%コピーが終わった状態から4時間経過しても進まず、コピー処理をキャンセルボタンにてキャンセルし、正常なシャットダウンを行いました。 その後PCを起動してみると、このHDDから異音(ビーという音)が聞こえ、Windowsが起動しない状態となりました。 なお、外付けUSBに接続して認識を試みるも、ディスクは認識しかけるがドライブが未フォーマットの状態となりました。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の損傷による読み取り不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッド系統の損傷+プラッタ傷の物理障害を起こしておりましたので、クリーンルームを活用して内部ヘッドを交換いたしまして、プラッタ歪みとクラッシュの傷を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

外付ハードディスク [WD20EARS-00MVWB0(LB2.0TU2)] WesternDigital製 2000GB (福岡県[個人様])
経年劣化によるプラッタ歪み
□ お客さまより
時系列で説明いたします。(1) 昨日、データ読み出し中にアクセスが重くなる。異音などは特に感じなかった。 ただ、思い返して見るとここ数日少し重かったような気もします。 (2) まったく認識・反応しなくなる。何度か接続しなおしても一緒。最初は時々フォーマットしますか?の表示が出ていたが、それも出なくなる。 別のPC2台に接続してみても状況は同じ。 (3) 市販のデータ復旧ソフトウェアにあった「ドライブが正常に認識しない場合」を使うと、途中から認識する。 HDD内のデータをなんとか救出しようと、必要なフォルダのコピーを試みるも、 コピー中に固まってしまう。そうなるとUSBを抜くしか方法なし。 (4) 上記のように認識できたときに、プロパティでファイル数を見ると、 一部のファイル数が少ない(正しく見えない)
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 プラッタ歪みによる読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
内部ヘッドの損傷に加え、プラッタ歪みによる読み取り不良を起こしておりましたので、クリーンルームにて内部ヘッドを交換後、プラッタ歪みとクラッシュの傷を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [WD30EFRX] WesternDigital製 3000GB (埼玉県[個人様])
ヘッド先端の汚れ等による消耗
□ お客さまより
障害直後の状況は、BIOSでの認識は問題ないが、OSレベルでの認識に時間がかかり、エクスプローラやツールを使ってファイルコピーしようとすると以上に時間がかかり、CRCエラーが発生する。 障害発生までの経緯につきましては、SSD導入に伴いOS領域を開放し、データ領域を広げるためパーティションを拡張しようと拡張ツールを使用したところ、上記のような症状が発生した。物理的な衝撃などは与えていない。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
クリーンルーム作業を実施いたしまして、消耗いたしましたヘッドを交換後、新しいヘッド一式を投入いたしました。それから、プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [ST3500320AS] Seagate製 500GB (和歌山県[個人様])
他社にて復旧不能(プラッタ歪み&傷) 開けても困難と言われた
□ お客さまより
他社で復旧できないことを確認しています。診断に一カ月近くかかったのち、「HDDの物理的損傷が激しく、開封せずに復旧できるか診断したが無理で、開封したとしても困難」との結果を報告され、返送されてきました。作業報告書はありませんでした。一か月半ほど前、電源を入れ、しばらく放置していたら、いつの間にかフリーズしていた。 再起動するとドライバ読み込みで止まるので、電源長押し再起動で 繰り返し色々試しているうちに、BIOS通過後まったく動かなくなった。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 プラッタ歪み&傷による動作不安定化

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
経年劣化によるプラッタ歪みにより、ドライブの動作が安定化に至らない物理障害を起こしておりました。これを安定化させるには特別な処理が必要となりますので、それを「HDDの物理的損傷が激しい」との誤った解釈で復旧不能に至ったようです。安定化処置のち、特に問題なくデータスキャン作業&データ再構築に着手できまして、データの復旧を実施いたしました。

外付ハードディスク [H551] Samsung製 320GB (千葉県[法人様])
ヘッドクラッシュによる物理障害
□ お客さまより
データ書き込み中に誤ってUSBケーブルを引き抜いてしまいました。その後、再度パソコンに接続してみましたが、カタカタカタという異常な音がしました。また、パソコンから認識されませんでした。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュによる動作不能化

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッド緊急退避の失敗から生じるヘッドクラッシュで間違いございません。破損したヘッドをクリーンルームで交換いたしまして、それからデータスキャン作業&データ再構築に着手いたしております。特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [WD5000] WesternDigital製 500GB (東京都[法人様])
ヘッド先端の汚れ等による消耗
□ お客さまより
DELL Latitude E4310 昨日まで特に問題無し。本日15時頃起動しようとしたところ、DELLのロゴが消えた後にブルースクリーン表示。STOP: 0x000000ED (0x89A75950, 0xC0000006, 0x00000000, 0x00000000) USBマウスを外し、セーフモードでの起動を試みるも、失敗。その後、DELLのサポートに連絡し、指示によりDiagnosisを実施。エラーを検出。 Error Code 2000-0142 Hard Drive 0 - self tet unsuccessful. Status: 79 DELLからは代替HDDが到着予定。追って換装。
(パソコン本体ごと復旧)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
消耗いたしましたヘッドを回復処置後、プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [HDS722020ALA330] HGST製 2000GB (岩手県[個人様])
ヘッド先端の汚れ等による消耗&プラッタ歪み
□ お客さまより
症状としては時々アクセスが極端に遅くなることがある。HDDからカコンカコンと音がすることがあり、これが起きると遅くなる。標準のバックアップ機能ではシステムイメージファイル作成で必ずIOエラーが出て失敗する。最近WINDOWSからHDD失敗の予測が(ID52)が発生し、発生後の起動時から起動時のBIOS画面でHDDのデバイスエラーが報告され、起動が一時中断するようになった。起動自体は続行を選択することで可能です。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
消耗いたしましたヘッドを回復処置後、プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [ST380020A] Seagate製 80GB (長野県[業者様])
読み書き不能セクタによる物理障害
□ お客さまより
たびたびお世話になります。今回もよろしくお願いします。障害内容:Windows起動せず、ブルースクリーン「unmountable_boot_volume」seatoolsDOSでショートテスト:エラーコード:9bcdcf6b ロングテストでも0%でエラー30個ほど見つかり自動ストップ。エラーコードは同じ:9bcdcf6b 今回、障害後「XPディスク」で起動、「chkdsk /r」を行いました。最後のステージと思われるところで「75%」から進行せず→強制電源断で途中キャンセル。HDDから特に異音等はありません。以上です。よろしくお願いします。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 読み書き不能セクタによる読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
読み書き不能セクタの性質を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [ST9500325AS] Seagate製 500GB (東京都[法人様])
諦めるしかないと言われた
□ お客さまより
他社に依頼したのですが、復旧不能となりました。既にハードディスクを取り出した状態のものを渡されました。接続してみると、BIOSでは認識され、Windows上でもドライブが表示されますが、不安定で突然反応しなくなります。スキャンできないから諦めるしかないと言われたのですが、どうしても諦め切れないため、お願いいたします。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ドライブが途中から不安定となる物理障害となっております。これは、スキャンの入り方が難しいだけで、復旧不能には程遠く、その旨をご説明いたしましてご安心頂きました。プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

外付ハードディスク [HDJ-UT] WesternDigital製 1500GB (北海道[法人様])
ヘッド先端の汚れ等による消耗
□ お客さまより
USB接続のIO-DataのHDJ-UTシリーズの1.5Tのディスクです。用途はデータの保管場所として使ってたため、データの追記および読込み用途で使ってたものですが、異音がしていたらしいのですが今は電源入れてもディスクの動く音しかしないようです。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
消耗いたしましたヘッドを回復処置後、プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [HM160HC] WesternDigital製 160GB (東京都[個人様])
ヘッドクラッシュによる物理障害
□ お客さまより
PCを利用中、ヘッドがカコンカコンと異音を発生。電源を切り、再度投入するが、カコンカコンとなり、ブートディスクなしとの画面表示。ハードディスクを外し、USB変換アダプタにて他のPCに接続すると、通知エリアにハードディスクのアイコンは付くものの、ハードディスクは認識されておらず、カコンカコンと異音が継続して鳴る状況。特に衝撃を与えはいない。1日3~4時間程度で4年間使用。
(パソコン本体ごと復旧)
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュによる物理障害

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッドクラッシュによる物理障害を起こしておりまして、そのヘッドをクリーンルームで交換後、プラッタ傷(ヘッドクラッシュ系は傷です)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [HDS723020BLA642] HGST製 2000GB (石川県[個人様])
ヘッド先端の汚れ等による消耗
□ お客さまより
①電源投入するも、OSが起動しない。(Windowsへようこそ画面から先に進まず) ②どうしようもないため、強制電源断実施し、再起動するも、状況変わらず。(この後、何度か電源投入→強制電源断を繰り返す) ③HDDから断続的に異音がすることに気がつく。(半年以上前のことですので、どんな音だったかははっきり覚えていませんが、小さな音で、同じような音の繰り返しだったように思います) ④HDDを取り外し、USBで外付け化できるケースを購入して試してみるが、状況変わらず という流れで、多分10回程度は強制的に電源断を繰り返していると思います。 現在は、新たなHDDを購入し、PC自体は復旧していますが、障害が発生したHDDのデータだけでも回収したいと思っています(HDD自体は破棄することとなってもかまいません)。データは、動画と画像のみだったと思います。どの程度の容量であったか、はっきり覚えていないため、上に書いた希望復旧容量は予測ですが、2TBに対してそれほど大量ではなかったと思います。
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
消耗いたしましたヘッドを回復処置後(ヘッドレストレーション)、プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [MK4018GAP] 東芝製 40GB (福島県[個人様])
ヘッドクラッシュによる物理障害
□ お客さまより
一か月前までは起動していたが、先日電源を入れたところ、起動しなかった。電源を入れるとセーフモードの起動画面になり、Windowsが起動しない。全起動モードを試したが、選択した瞬間にストップする。パソコンで確認したところ、HDDは認識している。HDDを取り出し、HDD to USBでWindowsXPおよびWindows7に接続したが、どちらも認識しない。回転はしているがヘッドの動きがおかしく、ウィーン、カツッ、カツッ、ヒューン等の異音がする。
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュによる物理障害

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッドクラッシュによる物理障害を起こしておりまして、そのヘッドをクリーンルームで交換後、プラッタ傷(ヘッドクラッシュ系は傷です)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [WD3200AAKS] WesternDigital製 320GB (福岡県[個人様])
ヘッドクラッシュ&電気的損傷による物理障害
□ お客さまより
代理で依頼されたものです。障害発生は約1年前PC使用中に突然PCが落ちたとのこと。その後は最初の画面(恐らくBIOS)が表示された後、WINDOWSが立ち上がらなくなった。そのまま放置していたら、何か変な臭いがしたとのことで電源を落としたそうです。当時雷が鳴っていたとのことで、もしかしたらそれが原因かもしれません。一度、私の元にPC毎持ち込まれまして、その際HDDを直接起動してみたのですが、電源を入れたとたんに煙が出たので止めました。それ以降は触っていません。経歴は以上となります。宜しくお願い致します。
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュによる物理障害

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
電気的な損傷から、制御不能に陥ったヘッドのクラッシュによる物理障害を起こしておりまして、そのヘッドをクリーンルームで交換後、電気的な部分を修理のち、プラッタ傷(ヘッドクラッシュ系は傷です)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [StoreJet 25M2] Samsung製 250GB (神奈川県[法人様])
■ 大事な研究データの復旧
□ お客さまより
お世話になります。TranscendのStoreJet 25M2 (USB 2.0)という外付けHDDが、昨日突然認識されなくなりました。接続したのはHP Mini 1000というノートPCで、電源はついているようなのですがマイコンピュータに表示されません。他のPCにもつないでみましたが認識されません。また、別の外付けHDDを同じノートPCにつないだら認識されたので、HDD側の問題かと思います。動いてはいるようですが、異常音などは特にしません。一部はバックアップがあるのですが研究用の大切なデータが保存されてあり、可能な限り早く復旧したいと思っております。復旧の見込みがあるようでしたら、お見積もりをいただけますでしょうか。ご連絡お待ちしております。
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
内部ヘッドの汚れ等による消耗(転送レート低下)を確認いたしました。消耗いたしましたヘッドを回復処置後、プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

外付ハードディスク [WD1200] WesternDigital製 120GB (東京都[法人様])
ヘッド吸着による物理障害
□ お客さまより
おそらく落下か何かの影響だと思われますが、ある時から急にUSBで接続しても起動しなくなってしまいました。読み取ろうとするような音はするのですが読みとれず、という状態です。大学内の生協に相談したところ、「針が張り付いているのでは」ということで、復旧サービスを受けるしかなかろうとの示唆を得て、お願いする次第です。
□ 症状の断定 ヘッドが吸着して自力始動不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッド先端がプラッタ(ディスク)に張り付いてしまい、それを解除のち、ヘッド一式の交換を必要とする段階を確認いたしました。ヘッド一式を吸着解除&クリーンルームで交換後、プラッタ歪み(歪みの凹凸で吸着)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [WD20EARS] WesternDigital製 2000GB (東京都[個人様])
ヘッド消耗(全体劣化)による物理障害
□ お客さまより
障害が発生したHDDはWindowsでCドライブとして使用してきた物です。マイドキュメントやデスクトップなどにデータが有ります。MSEによるウイルススキャンを中断して再起動後、黒い画面でセーフモードなどで起動するかを選択する画面が出てセーフモードでも起動しなくなりました。その後、別のPCにSATAで接続しましたが、OSが起動しなかったので、USBの外付ハードディスクケースに入れて接続しました。しかし、「このドライブはフォーマットする必要があります」というメッセージが出たので、「いいえ」を選択して電源を切って操作を終えています。
□ 症状の断定 全ヘッドが読み込み0

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
認識はしておりますが、全てのヘッドの読み取り感度が0となってしまい、全セクタがエラーとなる物理障害を確認いたしました。ヘッド自体に回復の見込みがないため、ヘッド一式をクリーンルームで交換後、プラッタ歪み(これが全体劣化の原因)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

外付ハードディスク [HD-PE500U2] WesternDigital製 500GB (愛知県[個人様])
■ ヘッド吸着による物理障害
□ お客さまより
外付けHDDが昨日まで読み込めていたのが今日いきなりアクセス不能になりました。ヘッドが引っ掛かって、ドライブを開封する大掛かりなデータ復旧が必要とのことでしたが、安価で信頼できる海外業者への外注が可能との事でした。しかしながら、その海外業者の詳細を聞いたら「教えられない」とのことで、それではとても預けられないため引き上げて、御社に相談いたしました。
□ 症状の断定 ヘッドが吸着して自力始動不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッド先端がプラッタ(ディスク)に張り付いてしまい、それを解除のち、ヘッド一式の交換を必要とする段階を確認いたしました。ヘッド一式を吸着解除&クリーンルームで交換後、プラッタ歪み(歪みの凹凸で吸着)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

内蔵ハードディスク [WD3200BEVT] WesternDigital製 320GB (栃木県[法人様])
ヘッドクラッシュによる物理障害
□ お客さまより
パソコン起動時にオペレーティングシステムノットファウンドが表示される。その後HDDを取り外しデータ救出を試みるがマウントしたりしなかったりの症状と、モーターは回っているがヘッドが動いていない、もしくは動くが少しだけ、音も正常ではない。 マウントした場合、フォーマットをきたすメッセージが表示される。フォーマットは行ってはいない。デスクトップ及びマイドキュメント、メールデータ、アドレスが復旧できればと思っています。
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュによる物理障害

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッド先端がプラッタ(ディスク)に接触いたしまして、ヘッド先端が変形、ヘッド一式の交換を必要とする段階を確認いたしました。この場合でも、基板側のみで認識状態となってしまい、それを誤検知(OS側が勘違いを起こしてアクセス可能とされてしまう)いたしまして「フォーマットしますか?」が表示されます。ヘッド一式をクリーンルームで交換後、プラッタ傷(歪みの凹凸への接触)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

外付ハードディスク [HD-PE500U2] WesternDigital製 500GB (大阪府[法人様])
■ ヘッド消耗による物理障害
□ お客さまより
無料のデータ復元ソフトを4つ程インストールし、実行。再起動させると、OSがロードできない旨のメッセージが出た。BIOSではHDDドライブを認識している状態。SATAをUSBに変換するケーブルで別のPCに接続するが、リムーバブルとしては認識せず。デバイスマネージャでは表示される。データ復旧業者にHDDを送付。重度の物理障害でHDDを海外委託先で開封して良いか?と聞かれましたが、肝心の委託先を教えてもらえないため、開封は断り返却を希望した。
□ 症状の断定 ヘッドが消耗して読み込めるセクタが大幅に減少

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
こちらは、ヘッド自体が劣化してエラー訂正できなくなっておりまして、ヘッド一式の交換を必要とする段階を確認いたしました。ヘッド一式をクリーンルームで交換後、プラッタ歪み(歪みの凹凸で吸着)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

本ページをご覧頂きました方は、以下のページも見ております。[自動集計 Ver4.0]
1:[会社概要] 会社概要をご案内いたします.
2:[データ復旧サービス] 復旧いたしましたデータの移転先について
3:[データ復旧サービス] お見積をご案内いたします. ※ 納期を調整し、ご相談可能です.
4:[データ復旧サービス] 障害を起こしたHDDを詳細に解析し、ご提供します.

このページをご覧いただいた方のうち、10%の方がお申込(お問い合わせ)いただいております。ありがとうございます。