AIデータ復旧サービス Windows論理障害 成功事例

ホームデータ復旧サービス成功事例データ復旧サービス Windows論理障害 症例

■ データ復旧サービス Windows論理障害 症例

□ Windows98から最新Windows10まで、症例をまとめます。

1:チェックディスク

 論理的障害を修復する「チェックディスク」は、慎重になる必要性がございます。 データを戻すのではなく、ディスク自体を使える状態に修復するのが目的となりますので、逆に悪化する可能性が存在いたします。 (例:データが全て犠牲になる場合でも、fオプションを付けた場合は、全滅させてしまいます) このように悪化した上、その結果を書き込んでしまうため、かなり厄介な機能と考えることもできます。 これらを防ぐには、確認次第、すぐに電源を切るのが「最善手」です。

2:リカバリ

 リカバリに関しましては、あくまでも購入時の状態に復元する機能となります。 つまり、データは元に戻りませんので、リカバリによるデータ上書きにより、元々のデータが消失してしまいます。 ※ なお、データ量が多い場合は助かる見込みが十分にございます。リカバリしてしまった場合でも、ご相談ください。

3:突然出現したフォーマットメッセージ

 ファイルシステムに不整合が発生いたしますと、「フォーマット」を促してきます。 これも、ディスク自体を使える状態に戻すのが目的ですので、全て消去されてしまいます。 ※ このエラーから「フォーマット」しても、データは戻りませんのでご注意ください。 なお、ファイルレコード自体は問題なく残存しておりますので、データ復旧は問題なく可能です。お気軽にご相談ください。

4:突然出現したエラーメッセージ

 ファイルシステムのメタ情報に異常が発生いたしますと、このようなエラーメッセージが出現いたします。 このエラーが出てしまう段階で、最初に表示される第一階層の部分がアクセスできなくなっていますので、その先へのアクセスも期待はできません。 未バックアップの大切なデータが存在する場合は、このまま電源を落としまして、お気軽にご相談ください。データの復旧は可能です。


過去に取り扱ったご案件_153 過去に取り扱ったご案件_154 過去に取り扱ったご案件_155 過去に取り扱ったご案件_156