データ復旧成功事例 検索結果

ホームデータ復旧サービス→成功事例→データ復旧成功事例 検索結果
メーカ・機種別 成功事例 メーカ・機種別 データ復旧成功事例 [RAID-1] メーカ・機種別 データ復旧成功事例 [RAID-1]

※ 2010年:最新技術となるDIRECTSCAN Ver2.0 / 3.0の事例をご紹介いたします。
※ 2011年:「並列同時解析」を開始いたしました。より速く・高精度なデータ復旧に自信がございます。
※ 2013年:ドライブ故障統計を利用するクラウド型のデータ復旧技術を開発・運用開始いたしました。
※ 2014年:故障統計をビッグデータにいたしまして、柔軟な処理を可能としております。
※ 2015年:学習スキャン(人工知能)によるデータ復旧を開始いたしました。
※ 2018年:学習スキャンにCPU+GPGPUを対応させ、迅速かつ的確な制御を実現いたしました。

□ メーカ様・機種 検索

東芝製ハードディスク, HGST製ハードディスク, 富士通製ハードディスク, WD製ハードディスク, Seagate製ハードディスク, Maxtor製ハードディスク, Samsung製ハードディスク, Buffalo製ハードディスク/SSD, IO-DATA製ハードディスク, Logitec製ハードディスク, Lacie製ハードディスク, Windowsブルー画面, Windowsロゴで固まる, 何も表示せず, Mac起動不可, 誤フォーマット(初期化), LinkStation, TeraStation, LAN-DISK, 外付HDD/SSD, RAID-0(ストライピング), RAID-1(ミラー), RAID-5(パリティ付ストライピング), RAID(その他), 東芝製パソコン, 日立製パソコン, NEC製パソコン, 富士通製パソコン, DELL製パソコン, IBM製パソコン, コンパック製PC, HP製パソコン, SONY製パソコン, SHARP製パソコン, Apple製パソコン, Panasonic製パソコン, その他(自作等)

NEC製パソコン 250GB ミラーリング RAID-1(250GB×2台構成) (東京都[法人様])
電源投入していない状態で、中でカラカラ音
□ お客さまより
ミラーリングHDDが2枚とも同時、もしくは近い時期に故障。1度復旧作業をした物だが2枚中1枚のみが戻ってきた(データ、全てではない)。作業自体はHDDはばらしていない。前回作業ではメインHDDではなくサブHDDのみだったので、メインHDDにデータが残っている可能性があると思われる。診断依頼です。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 2台がヘッド損傷&ヘッド消耗による崩壊

採用技術:DIRECTSCAN Ver2.0
複数で構成されたうちの2台が同時にヘッドクラッシュによって動作不良でした。ただし、そのうちの1台は何とか現状でもスキャンできたため、DIRECTSCAN Ver2.0にて問題なく対応させていただきました。
※ 製造時期が同じだと、同時期に重なって壊れる例は多く、油断は禁物です。ミラーリングでもバックアップが必要となる例ですので、どのような形態であってもバックアップを繋げてください。

【お見積】140,000円(税抜)

BUFFALO製ミラーリング機能付 外付HDD RAID-1(500GB×2台構成) (埼玉県[法人様])
HDD作業中にPCの電源が落ち・・
□ お客さまより
HDD作業中にPCの電源が落ち、再度、起動し中身を確認しようとしたところ、「ディスクがフォーマットされていません」と表示され、データが表示されない事象が発生。容量は大体300GB前後使用していたと思います。領域の区切りの補足になりますが、ミラーリングモードとして使用していた為、HDD上からは500GBと表示されていました。 上記経緯になりますが、発生料金、データ復旧可能なのか、どれくらい復旧できるのかを知りたいです。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 論理障害によるファイルシステム破損

採用技術:DIRECTSCAN Ver2.0
こちらはミラーリングの脆弱性となる「論理障害」となります。同じデータをセクタオーダーで読み書きするため、ファイルシステムが破損いたしますと、その破損情報もミラーされ、このような障害に達します。これも・・ミラーリングでもバックアップが必要となる例ですので、どのような形態であってもバックアップを繋げてください。

【お見積】70,000円(税抜)

IO-DATA製ミラーリング機能付 外付HDD RAID-1(250GB×2台構成) (東京都[法人様])
バックアップ設定ミス
□ お客さまより
バックアップの設定を誤ってしまい、一部を古いファイルにて上書きさせてしまった。さらに、慌てて解除せず外付けを外してしまい、さらにはフォーマットするかどうか出てしまい、全データがみえなくなりました。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 上書き+論理障害によるファイルシステム破損

採用技術:DIRECTSCAN Ver2.0
こちらもミラーリングの脆弱性となる「論理障害」となります。また、更新を誤ると同時にデータが上書きされてしまいますので、差分バックアップ等を別に設ける必要性がございます。また、同じデータをセクタオーダーで読み書きするため、ファイルシステムが破損いたしますと、その破損情報もミラーされ、このような障害に達します。これも・・ミラーリングでもバックアップが必要となる例ですので、どのような形態であってもバックアップを繋げてください。

【お見積】90,000円(税抜)

弊社データ復旧サービスをご検討いただき、誠にありがとうございます。
フリーダイヤル:0120-55-0635 (時間外:090-3900-8289)
送信フォーム(24時間ご対応):https://www.iuec.co.jp/recovery/form.html [SSL(暗号)]

本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[IUEC自動集計プログラム Ver6.0( +AI )]
■ 集計中.....