AIデータ復旧成功事例 検索結果

ホームデータ復旧サービス→成功事例→データ復旧成功事例 検索結果
メーカ・機種別 成功事例 メーカ・機種別 データ復旧成功事例 [RAID-0] メーカ・機種別 データ復旧成功事例 [RAID-0]

※ 2010年:最新技術となるDIRECTSCAN Ver2.0 / 3.0の事例をご紹介いたします。
※ 2011年:「並列同時解析」を開始いたしました。より速く・高精度なデータ復旧に自信がございます。
※ 2013年:ドライブ故障統計を利用するクラウド型のデータ復旧技術を開発・運用開始いたしました。
※ 2014年:故障統計をビッグデータにいたしまして、柔軟な処理を可能としております。
※ 2015年:学習スキャン(人工知能)によるデータ復旧を開始いたしました。
※ 2018年:学習スキャンにCPU+GPGPUを対応させ、迅速かつ的確な制御を実現いたしました。

□ メーカ様・機種 検索

東芝製ハードディスク, HGST製ハードディスク, 富士通製ハードディスク, WD製ハードディスク, Seagate製ハードディスク, Maxtor製ハードディスク, Samsung製ハードディスク, Buffalo製ハードディスク/SSD, IO-DATA製ハードディスク, Logitec製ハードディスク, Lacie製ハードディスク, Windowsブルー画面, Windowsロゴで固まる, 何も表示せず, Mac起動不可, 誤フォーマット(初期化), LinkStation, TeraStation, LAN-DISK, 外付HDD/SSD, RAID-0(ストライピング), RAID-1(ミラー), RAID-5(パリティ付ストライピング), RAID(その他), 東芝製パソコン, 日立製パソコン, NEC製パソコン, 富士通製パソコン, DELL製パソコン, IBM製パソコン, コンパック製PC, HP製パソコン, SONY製パソコン, SHARP製パソコン, Apple製パソコン, Panasonic製パソコン, その他(自作等)

IBM製サーバ 144GB ネットワーク接続 RAID-0(36GB×4台構成) SCSIタイプ (神奈川県[法人様])
反応がありません
□ お客さまより
お世話になります。今朝よりネットワークから一部のサーバが見当たらなくなりまして、本サーバが該当しました。調べたところ1台のハードディスクから反応がありません。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 読み書き不能セクタによるアレイ崩壊

採用技術1:Data_Scan&Salvation
採用技術2:Data_Array&Restoration
複数で構成されたうちの1台が読み書き不能セクタによって動作不良でした。RAID-0は分散して読み書きを行う性質上、1台でも損傷いたしますと、その1台だけではなく全体のデータへアクセス不能となります。破損いたしましたHDDよりセクタイメージを取得いたしまして、残りのHDDとイメージ結合させ、データを復旧いたします。
※分散させて読み書きいたしますので、1台の損傷が全体に及びます。

【お見積】180,000円(税抜)

IO-DATA製 1000GB(1.0TB) ネットワーク接続型(NAS) RAID-0(250GB×4台構成) (福岡県[法人様])
雷雨のため停電発生
□ お客さまより
一度復電したときに,心配であったため,一端HDDの電源をOFF。停電が落ち着いてから,HDDを電源オンし,パソコンからアクセスしてみたら,データ参照ができなかった。 専用のツールにてディスク診断,エラーログを確認したところ,HDDがマウントできないとの表示。Disk情報は,4台中4台目だけが表示されない。再度HDD本体電源の電源を切り(シャットダウン処理),再起動したが,データ閲覧は不可。ただし,Disk情報はすべて250GBのHDDであることを表示。(マウントはできない)  LAN接続のため,HDD起動時の異音などは聞いていないが,再起動時には何も従来以上の異音は無かったと記憶している。  現在,メーカには修理をキャンセルし,本体を現状のまま返却するよう依頼中のため,手元には無し。写真と音楽のデータを希望。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 1台がヘッド損傷によるアレイ崩壊

採用技術:DIRECTSCAN Ver2.0
複数で構成されたうちの1台がヘッドクラッシュによって動作不良でした。RAID-0は分散して読み書きを行う性質上、1台でも損傷いたしますと、その1台だけではなく全体のデータへアクセス不能となります。破損いたしましたHDDよりセクタイメージを取得いたしまして、残りのHDDとイメージ結合させ、データを復旧いたします。
※分散させて読み書きいたしますので、1台の損傷が全体に及びます。

【お見積】210,000円(税抜)

自作パソコン 1000GB(1.0TB) オンボードRAID-0(500GB×2台構成) (神奈川県[法人様])
BIOSがHDDを認識しなくなりました
□ お客さまより
何度か電源を入れ直すと認識され、WindowsXPが起動したが、Explorerの動作中にウィンドウが点滅してブルースクリーンが出て固まった。 再び何度か電源を入れ直すとOSが起動したため、外付けHDDにデータを移そうとしたところでブルースクリーンが出て、以後何度再起動しても完全に認識されなくなってしまった。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 1台がヘッド損傷によるアレイ崩壊

採用技術:DIRECTSCAN Ver2.0
複数で構成されたうちの1台がヘッドクラッシュによって動作不良でした。RAID-0は分散して読み書きを行う性質上、1台でも損傷いたしますと、その1台だけではなく全体のデータへアクセス不能となります。オンボードRAIDは手軽にご利用いただけますが、危険性に関しましても隣り合わせの認識を持つ必要がございます。普段以上にバックアップの取得をお願いいたします。
※分散させて読み書きいたしますので、1台の損傷が全体に及びます。

【お見積】180,000円(税抜)

弊社データ復旧サービスをご検討いただき、誠にありがとうございます。
フリーダイヤル:0120-55-0635 (時間外:090-3900-8289)
送信フォーム(24時間ご対応):https://www.iuec.co.jp/recovery/form.html [SSL(暗号)]

本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[IUEC自動集計プログラム Ver6.0( +AI )]
■ 集計中.....