データ復旧サービス Macintosh論理障害 成功事例

ホームデータ復旧サービス成功事例データ復旧サービス OSX/NAS論理障害 症例

■ データ復旧サービス OSX/NAS 論理障害 症例

 OSXにも問題なく対応いたしております。 「初期化」や「操作ミス」による軽い障害も多く取り扱っております上、さらには拡張カードによる弊害なども見受けられます。 クラシック環境(OS 8.x / 9.x)にも問題なく対応できます。

■ OSX 論理障害に関する、主な注意点となります。

□ 状態の変化および、修復系ディスクユーティリティのハイリスクローリターン

 修復系のディスクユーティリティには十分にご注意ください。 失敗いたしますと、内部のデータが変化してしまい、良好な復旧率を確保できなくなります。 「絶対安全」などの謳い文句が並んでおりますが、実際にはハイリスクローリターンです。 成功すれば元の通りに復旧いたしますが、失敗するとデータを永久に失うことになります) セクタイメージを取らない限り、失敗すると状態が変化して元には戻りません。 全てのデータが壊れる訳ではないため、現状にて温存しているデータを復旧する形式へと移行いたします。

□ ご自身でのドライブ開封

 ハードディスクを専門業者以外が開封しても、出来る事はございません。 なお、万一分解されてしまった場合でも、諦めずに、まずは初期診断をお願いいたします。

過去に取り扱ったご案件_125 過去に取り扱ったご案件_126 過去に取り扱ったご案件_127 過去に取り扱ったご案件_128

過去に取り扱ったご案件_136 過去に取り扱ったご案件_137 過去に取り扱ったご案件_138 過去に取り扱ったご案件_139

□ 本ページをご覧いただきました方は、以下のページもよくご覧いただいております。
1:[データ復旧サービス] Macintosh 論理障害 成功事例.
2:[会社概要] お気軽にお問い合わせください.
3:[データ復旧サービス] 納期について