AIデータ復旧成功事例 検索結果

ホームデータ復旧サービス→成功事例→AIデータ復旧成功事例 検索結果
メーカ・機種別 成功事例 メーカ・機種別 AIデータ復旧成功事例 [日立製ノート・デスクトップ] メーカ・機種別 AIデータ復旧成功事例 [日立製ノート・デスクトップ]

※ 2010年:最新技術となるDIRECTSCAN Ver2.0 / 3.0の事例をご紹介いたします。
※ 2011年:「並列同時解析」を開始いたしました。より速く・高精度なデータ復旧に自信がございます。
※ 2013年:ドライブ故障統計を利用するクラウド型のデータ復旧技術を開発・運用開始いたしました。
※ 2014年:故障統計をビッグデータにいたしまして、柔軟な処理を可能としております。
※ 2015年:学習スキャン(人工知能)によるデータ復旧を開始いたしました。
※ 2018年:学習スキャンにCPU+GPGPUを対応させ、迅速かつ的確な制御を実現いたしました。

□ メーカ様・機種 検索

東芝製ハードディスク, HGST製ハードディスク, 富士通製ハードディスク, WD製ハードディスク, Seagate製ハードディスク, Maxtor製ハードディスク, Samsung製ハードディスク, Buffalo製ハードディスク/SSD, IO-DATA製ハードディスク, Logitec製ハードディスク, Lacie製ハードディスク, Windowsブルー画面, Windowsロゴで固まる, 何も表示せず, Mac起動不可, 誤フォーマット(初期化), LinkStation, TeraStation, LAN-DISK, 外付HDD/SSD, RAID-0(ストライピング), RAID-1(ミラー), RAID-5(パリティ付ストライピング), RAID(その他), 東芝製パソコン, 日立製パソコン, NEC製パソコン, 富士通製パソコン, DELL製パソコン, IBM製パソコン, コンパック製PC, HP製パソコン, SONY製パソコン, SHARP製パソコン, Apple製パソコン, Panasonic製パソコン, その他(自作等)

日立デスクトップ [HDS722525VLSA80] HGST製 250GB (東京都[法人様])
最近調子が悪く、その影響で壊れたようです
□ お客さまより
Windowsを起動させようとしても黒い画面に「ご迷惑おかけしております・・・」と表示され、セーフモード3種類か普通にWindowsを起動するか選択する旨が書かれていたのでセーフモードを選択すると再び同じ画面が表示される。何度か試したが同じ事の繰り返しであったので電源を強制的に落とす。
(本体ごと復旧)
□ 症状の断定 読み書き不能セクタの発生

採用技術:Data_Scan&Salvation
読み書き不能セクタと呼ばれる不良セクタが、システムを司る領域に進行してしまい、セーフモードすら起動できない状態となったようです。ただ、読み書き不能セクタでも一気に拡散しないタイプですので、障害自体は重くありません。通常のデータスキャン作業にて、問題なくデータを復旧いたしております。

【お見積】60,000円(税抜)

弊社データ復旧サービスをご検討いただき、誠にありがとうございます。
フリーダイヤル:0120-55-0635 (時間外:090-3900-8289)
送信フォーム(24時間ご対応):https://www.iuec.co.jp/recovery/form.html [SSL(暗号)]

本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[IUEC自動集計プログラム Ver6.0( +AI )]
■ 集計中.....