Schnorr署名 5000キー集約でいきます。

これと量子&AI耐性をマルチシグすれば、怖いものはないと判断しました。実際のデータなどをブロックチェーン経由で記録する場合は、この集約を必須といたします。

ハッカーなどを相手では50や100などの中途半端な集約ではいけません。やはり5000です。最も良いセキュリティは「狙われない事」なので、過剰なほど集約するのがベストです。実は効率よく集約できる方法がありましたので、これだけ集約してもパフォーマンスは良好で落ちません。これをECDSAで実装するには絶望的ゆえにSchnorr署名の意義が出てきます。