効率的なマルチシグ: 鍵の集約、便利です。お試しの100個の鍵によるECDSA-Schnorr署名マルチシグであっても瞬時に生成です。そこで、マルチシグの集約をサポートするためOP_CHECKSIGADDは不要で、この集約で常に署名するOP_CHECKSIGAGGを新規で投入します。

100個の鍵によるマルチシグ。非線形性のECDSAでは100個の公開鍵と署名が必要になるた …

最終考察(その7)の前に……「Schnorr署名」が完成しました。BIP340にある公開鍵Y座標に対する制約解除(ウォレット内部の鍵を制限なくそのまま利用可能)、nonceは乱数、Verifyは完全一致(X座標だけではなくY座標も一致)、集約により100個のマルチシグであっても公開鍵32バイト固定、署名64バイト固定になります。

OpenSSLとlibsecp256k1で検証を重ねていた「Schnorr署名」が完成しま …

[libsecp256k1で確認完了] invert(e) * privの場所です。オーバーフローが原因だったため、格納できない分をあらかじめ引き、差を取ってから、引いた分を戻す(加える)操作で確認完了です。

libsecp256k1で動かない理由がオーバーフローにある点を突き止めました。どうやら位 …

ブロックチェーンに最適化されたschnorr署名について、検証を完了しました。まずOpenSSLでschnorrを再現し、署名&検証をじっくり検証しました。そして、公開鍵のY座標が偶数という点が大事でした。

題名の通りで、うまくいきました。OpenSSLでschnorr署名の細部を再現し、検証と同 …