AIデータ復旧サービス お見積

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームAIデータ復旧サービスお見積→ドライブ単体 データ復旧お見積

■ AIデータ復旧サービス お見積一覧(税抜)
容量が大きくなると高額になるタイプではなく、AIの利点を生かし、症状からの定額制を採用できました。 24時間365日、黙々とAIによるデータスキャンを安全に実行できますので、綺麗なデータ復旧結果を実現できます。

[重要]:お見積を変動させる「補正値」に関しましては、 弊社にて解析・公開しております(ドライブ故障統計)各ドライブの故障統計データより 厳密に復旧処理量を求め、その作業時間から導いております。

◆ データ量は問いません。4.0TBのうち、3.5TBでもご安心ください。しっかり、復旧いたします。

1, ドライブ障害区分
□ 以下のドライブ障害区分に相当する症状に関しましては、こちらにまとめております。

論理障害軽度

論理障害中度

論理障害重度~
物理障害軽度

物理障害中度

物理障害重度

10,000~40,000円
50,000~90,000円
110,000~140,000円
140,000~170,000円
180,000~190,000円

2, ファイルシステム別 区分
※ 上のお見積に、以下の補正値をかけるだけです。

OS名

ファイルシステム

補正値

Windows
※ デスクトップ、ノート、外付け等をWindowsでご利用の場合、NTFSとなりますので、この補正値となります。

NTFS / ReFS

0.8

Macintosh
※ iMac、MacBook、MacProなどの本体、またはそれらに接続されている外付けドライブは、こちらです。

HFS / HFS+

0.9

Windows
※ 容量が比較的小さく、古い外付けドライブは、こちらの場合がございます。

FAT12 / FAT16 / FAT32 / exFAT

0.8

Linux
※ 物理サーバはもちろん、仮想サーバ(環境)でもSSHにて正常にアクセスできる場合(またはコンソール)は、こちらです。

Ext2 / Ext3 / Ext4

1.0

NAS
※ LinkStation, LAN-DISK, TeraStation等のネットワーク接続型
※ 近年はLinuxにもXFSが浸透してきておりますので、こちらの場合があります。
※ お取り扱い量が多いため、AIにてコストダウンできました。

XFS

1.0

UNIX

UFS / ZFS / その他

1.2

ハードディスク1 ハードディスク2 ハードディスク3

ハードディスク4 ハードディスク5 ハードディスク6

本ページをご覧頂きました方は、以下のページも見ております。[自動集計 Ver4.0]
1:[AIデータ復旧サービス] お見積の算出について. 初期診断作業は無料です.
2:[AIデータ復旧サービス] Windows 物理障害に関する成功事例.
3:[会社概要] 会社概要をご案内いたします.
4:[交通アクセス] 交通アクセスについて、ご案内いたします.
5:[データのあらゆる問題を解決] データソリューションセンター ホーム

このページをご覧いただいた方のうち、26%の方がお申込(お問い合わせ)いただいております。ありがとうございます。