AIデータ復旧サービス お見積(RAID)

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームAIデータ復旧サービスお見積→RAID データ復旧お見積

◆ RAIDのお客様(TeraStation,ミラーリング,RAID-5 DELL製サーバ,RAID-6 HP製サーバ等)
=>ドライブ台数による補正がございます。ホットスペアは含めません。
こちらのお見積に、以下の補正値をかけるだけです。なにとぞよろしくお願いいたします。

RAIDマスター

台数

補正値

1台(シングル)
※ この場合はドライブ単体と変わりません。 このシングルに相当する場合は、2台構成のミラーリングなど「1台分」で済む場合を想定しております。

1.0

2台

1.4

3台

1.5

4台

1.7

5台~8台

3.2

9台~12台

5.5

□ 各ディスクへの「並行処理」を生かし、最速データ復旧を実現。
さらに、不良セクタの危険予知を改良いたしまして、不要な区間を上手く解析、速度を上げる方法を導入しております。
※ 不要な区間について・・・パリティ等の冗長なデータを高速で判別して上手く捨てる事ができます。
これらデータはエラー補填用なので、データ復旧で必要ない場合は、スキャンする必要がございません。

□ サーバ・TeraStation本体修理に対応可能(導入されるHDD代金のみ追加)
※ 特にTeraStationの場合、まだまだ使えますので、本体修理をお勧めしております。
※ USB外付け型ドライブの自動バックアップを備えまして、メンテナンスいたします。今後のバックアップもお任せください。

[RAIDデータ復旧] 割引サービス
※ お急ぎではない場合、機種別の定額サービスもご検討ください。
※ 以下の条件にて、補正値を提示いたしております。これを3,ドライブ台数の代わりにご利用ください。


TeraStation内部

■ 新技術:TeraStation専用:テラマスター採用
※ 空き時間を利用するため、復旧の品質は変わりません。
※ RAID機能付きのLinkStationも、中身(システム)がほぼ同一ゆえ、こちらで対応できます。

○ TeraStation:RAID-10(1+0, 0+1)の場合

1.2

○ TeraStation:RAID-5, RAID-6の場合

1.3

○ TeraStation:RAID-1(ミラーリング)の場合

2台構成:1.2
4台構成:1.3

○ TeraStation:RAID-0(ストライピング), JBOD(スパニング)の場合

2台構成:1.3
4台構成:1.4

■ 集計中 ■ E:-4