AIデータ復旧サービス データ復旧成功事例 その5

□ どんなドライブ・状態でもOK お気軽にご相談ください。緊急:090-3900-8289 までどうぞ。
※ よほどのことがない限りデータは大丈夫です。守秘義務・秘密保持厳守いたします。

ホームAIデータ復旧サービス→成功事例→データ復旧成功事例 その5

■ ドライブメーカ様別・パソコンメーカ様別に成功事例&お客様の声を掲載いたしました。

※ 2010年、最新技術となるDIRECTSCAN Ver2.0 / 3.0の事例に関しまして、アップロードいたします。
※ 2011年秋より、「並列同時解析」を開始いたしました。より速く・高精度なデータ復旧に自信がございます。
※ 2013年8月より、ドライブ故障統計を利用するクラウド型のデータ復旧技術を開発・運用開始いたしました。
※ 2014年より、故障統計をビッグデータにいたしまして、柔軟な処理を可能としております。
※ 2015年より、学習スキャン(人工知能)によるデータ復旧を開始いたしました。
※ 最適なデータスキャン作業により、問題のない復旧率を安定確保しております。

□ メーカ様別・機種別 リンク

東芝製ハードディスク, HGST製ハードディスク, 富士通製ハードディスク, WD製ハードディスク, Seagate製ハードディスク, Maxtor製ハードディスク, Samsung製ハードディスク, Buffalo製ハードディスク/SSD, IO-DATA製ハードディスク, Logitec製ハードディスク, Lacie製ハードディスク, Windowsブルー画面, Windowsロゴで固まる, 何も表示せず, Mac起動不可, 誤フォーマット(初期化), LinkStation, TeraStation, LAN-DISK, 外付HDD/SSD, RAID-0(ストライピング), RAID-1(ミラー), RAID-5(パリティ付ストライピング), RAID(その他), 東芝製パソコン, 日立製パソコン, NEC製パソコン, 富士通製パソコン, DELL製パソコン, IBM製パソコン, コンパック製PC, HP製パソコン, SONY製パソコン, SHARP製パソコン, Apple製パソコン, Panasonic製パソコン, その他のパソコン(自作機等) 検査・データ復旧ソフトウェア FromHDDtoSSD Ver2.1/Ver3.0 復旧成功事例(お客様の声)

内蔵ハードディスク [HD154UI] Samsung製 1500GB (神奈川県[個人様])
反応が遅く、シャットダウン後、動作不能へ
□ お客さまより
Window起動後に席を外し、再度使用しようとすると反応が非常に遅くなっていたためスタートメニューからShutDownした。(落ちるまで10分以上)その後、電源投入し起動しようとするがカーソルが左上で点滅したまま進まない。時間をおいて2~3回電源On/Offするが症状変わらず。HDD物理障害と思われる。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の損傷による読み取り不能

採用技術:並列同時解析 [復旧優先度:Cモード]
純粋なヘッド損傷による物理障害を起こしておりました。ヘッド損傷によるプラッタへの二次的な損傷は微量だったため、クリーンルームを活用して内部ヘッドを交換し、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】130,000円(税抜)

内蔵ハードディスク [ST3000DM001] Seagate製 3000GB (茨城県[個人様])
イメージ転送ソフトウェアで失敗
□ お客さまより
ここ数日で急に代替処理済セクタ数が増加し、急遽交換用HDDを購入しました。Acronis True Image WD Editionを使用し、全領域の丸ごとバックアップ作業を行いましたが、89%コピーが終わった状態から4時間経過しても進まず、コピー処理をキャンセルボタンにてキャンセルし、正常なシャットダウンを行いました。 その後PCを起動してみると、このHDDから異音(ビーという音)が聞こえ、Windowsが起動しない状態となりました。 なお、外付けUSBに接続して認識を試みるも、ディスクは認識しかけるがドライブが未フォーマットの状態となりました。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の損傷による読み取り不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッド系統の損傷+プラッタ傷の物理障害を起こしておりましたので、クリーンルームを活用して内部ヘッドを交換いたしまして、プラッタ歪みとクラッシュの傷を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】180,000円(税抜)

外付ハードディスク [WD20EARS-00MVWB0(LB2.0TU2)] WesternDigital製 2000GB (福岡県[個人様])
経年劣化によるプラッタ歪み
□ お客さまより
時系列で説明いたします。(1) 昨日、データ読み出し中にアクセスが重くなる。異音などは特に感じなかった。 ただ、思い返して見るとここ数日少し重かったような気もします。 (2) まったく認識・反応しなくなる。何度か接続しなおしても一緒。最初は時々フォーマットしますか?の表示が出ていたが、それも出なくなる。 別のPC2台に接続してみても状況は同じ。 (3) 市販のデータ復旧ソフトウェアにあった「ドライブが正常に認識しない場合」を使うと、途中から認識する。 HDD内のデータをなんとか救出しようと、必要なフォルダのコピーを試みるも、 コピー中に固まってしまう。そうなるとUSBを抜くしか方法なし。 (4) 上記のように認識できたときに、プロパティでファイル数を見ると、 一部のファイル数が少ない(正しく見えない)
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 プラッタ歪みによる読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
内部ヘッドの損傷に加え、プラッタ歪みによる読み取り不良を起こしておりましたので、クリーンルームにて内部ヘッドを交換後、プラッタ歪みとクラッシュの傷を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】160,000円(税抜)

RAIDサーバ [RAID5 4台構成] Seagate製 750GB 4台 (滋賀県[法人様])
RAID5 ビット腐敗による整合性エラー
□ お客さまより
HP Array Configuration Utility上にて「障害予測」の 警告が出まして、その午後に「故障状態」になりました。先月に交換したものとは別のHDDです。故障したHDDを新品と交換しましたが、この時点では論理ドライブの障害は起きていませんでした。今月にまた別のHDDについて障害が報告されたので交換を行いました。同日その後、さらにまた別のHDDについて「障害予測」の警告が出ていましたので、念の為新品のHDDと交換を行いました。この最後の交換を行った後から、論理ドライブにアクセスできなくなりました。HP Array Configuration Utilityで作成したレポートには 下記のように出力されています。Consolidated Error Report Smart Array 6400 in slot 4 : Storage Enclosure 2 One or more fans have failed. Smart Array 6400 in slot 4 : Physical Drive 2:2 Physical Drive State: Predictive failure. This physical drive is predicted to fail soon. Smart Array 6400 in slot 4 : Logical Drive 1 Logical drive state: This logical drive has failed and cannot be used. All data on this logical drive has been lost. 問題発生後に電源を切り、「障害予測」のために交換したHDDを元に戻して再起動しましたが状況は変わりませんでした。
(RAIDサーバ本体ごと復旧)
□ 症状の断定 ビット腐敗による整合性エラー

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
RAIDの場合は、失われた情報の位置を全体から把握していき、問題の多いドライブを優先してエラー訂正させつつ、ヘッドを守る複雑な処理が必要となっております。これらは学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.より前の並列同時解析などで十分に技術ノウハウを蓄積いたしておりますので、それらを含めて総動員で当たるデータ復旧作業となりました。

【お見積】340,000円(税抜)

内蔵ハードディスク [WD30EFRX] WesternDigital製 3000GB (埼玉県[個人様])
ヘッド先端の汚れ等による消耗
□ お客さまより
障害直後の状況は、BIOSでの認識は問題ないが、OSレベルでの認識に時間がかかり、エクスプローラやツールを使ってファイルコピーしようとすると以上に時間がかかり、CRCエラーが発生する。 障害発生までの経緯につきましては、SSD導入に伴いOS領域を開放し、データ領域を広げるためパーティションを拡張しようと拡張ツールを使用したところ、上記のような症状が発生した。物理的な衝撃などは与えていない。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
クリーンルーム作業を実施いたしまして、消耗いたしましたヘッドを交換後、新しいヘッド一式を投入いたしました。それから、プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】180,000円(税抜)

外付ハードディスク [HD502HI] Samsung製 500GB (群馬県[個人様])
ヘッド先端の汚れ等による消耗
□ お客さまより
外付けHDDでデータ保存に使用していたが、あるときパソコンを立ち上げたら認識しなくなっていた。電源ランプはついているが、音がしないため、パソコンのSATAに接続してみたが、回転音がせず、認識しなかった。急に認識しなくなっており、事前に異常は気づかなかった。外付けHDDモデルは、IOデータ HDCS-U500 (中のHDDはSATA接続のSamsung HD502HIでした)
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
クリーンルーム作業を実施いたしまして、消耗いたしましたヘッドを交換後、新しいヘッド一式を投入いたしました。それから、プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】120,000円(税抜)

IO-DATA RAID LAN-DISK [HDL-GT4.0] Seagate製 1000GB 4台 他 (東京都[法人様])
RAID崩壊モード
□ お客さまより
以前にPCのHDD復旧で何度かサポートいただき、ありがとうございました。今般、I/Oデータ製のNASにてRAID崩壊によるデータ損失が発生してしまいました。使用モデル・構成:HDD1(障害を起こしたHDD): Seagate ST10000DM003 HDD2: WDC WD10EFRX-68JCSN0 HDD3: WDC WD10EFRX-68JCSN0 HDD4: SAMSUNG HD 103SJ 経緯:HDD1にて回復不能エラーをLandiskのシステムが検知。Landiskのビープ音にてHDD1の停止(赤ランプ点灯)を検知、HDD1を取り外す。会社より、RHD-1.0Rではなく、WDC WD10EFRX-68JCSN0を単体購入し、故障したHDDのカートリッジに付け替えるよう指示。カートリッジに付け替え、Landiskに装着する。この際、Landiskよりエラーを示すと思われる赤ランプとビープ音が発生とのこと、リセットすることで解消すると判断した作業者が電源断を実施。電源再投入後、全てのドライブで赤ランプが点滅し、エラーを表すビープ音が発出。当初設定したIPアドレスでLandiskが反応しないことから、エラーモードになっていると判断し、エラーモード用アドレスでアクセスしたところ、アクセス成功。RAID崩壊モードとなっていることを確認。現在はLandisk自体を停止させています。以上、よろしくお願い申し上げます。
(NAS本体ごと復旧)
□ 症状の断定 RAID崩壊による全データ参照不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
RAIDの障害では、その障害の元となる要因を探る事がとても大切です。RAID崩壊モードの場合、「ビット腐敗」の影響が大部分を示しております。このビット腐敗は、普段はアクセスされないセクタが自然に読み込めなくなる物理障害を示しております。RAID崩壊後のリビルドでは「全セクタ」への読み込みが必須となる性質上、この気が付き難い「ビット腐敗」がドライブに存在いたしますと、そこでリビルドに失敗いたします。これがRAID崩壊モードとなっております。複数のドライブがこのビット腐敗を起こしている可能性が高いため、全ドライブをデータスキャンいたしましてビット腐敗の影響を取り除きます。取り除けなかった分に関しましては、RAID全体イメージを生成の際に、パリティから再生成いたします。これを繰り返しまして綺麗な全体イメージを生成のち、XFSでデータ再構築作業を行い、各データを復旧いたしました。

【お見積】250,000円(税抜)

内蔵ハードディスク [WD2500JS] WesternDigital製 250GB (東京都[法人様])
プラッタ歪みによる動作不安定化
□ お客さまより
前日まで正常に作動していたが、朝電源を入れると、OSが立ち上がるものの、HDDを認識せず。外付けHDDやリカバリーディスクで起動させると、正常に起動するがHDDを認識しない。事前にHDD由来と思われる異音は確認していません。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 プラッタ歪みによる動作の不安定化

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
経年劣化によるプラッタ歪みにより、ドライブの動作が安定化に至らない物理障害を起こしておりました。このような場合、事前に動作安定化処置を行いまして、それからデータスキャン作業&データ再構築に着手いたしております。特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】100,000円(税抜)

内蔵ハードディスク [ST3500320AS] Seagate製 500GB (和歌山県[個人様])
他社にて復旧不能(プラッタ歪み&傷) 開けても困難と言われた
□ お客さまより
他社で復旧できないことを確認しています。診断に一カ月近くかかったのち、「HDDの物理的損傷が激しく、開封せずに復旧できるか診断したが無理で、開封したとしても困難」との結果を報告され、返送されてきました。作業報告書はありませんでした。一か月半ほど前、電源を入れ、しばらく放置していたら、いつの間にかフリーズしていた。 再起動するとドライバ読み込みで止まるので、電源長押し再起動で 繰り返し色々試しているうちに、BIOS通過後まったく動かなくなった。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 プラッタ歪み&傷による動作不安定化

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
経年劣化によるプラッタ歪みにより、ドライブの動作が安定化に至らない物理障害を起こしておりました。これを安定化させるには特別な処理が必要となりますので、それを「HDDの物理的損傷が激しい」との誤った解釈で復旧不能に至ったようです。安定化処置のち、特に問題なくデータスキャン作業&データ再構築に着手できまして、データの復旧を実施いたしました。

【お見積】120,000円(税抜)

外付ハードディスク [H551] Samsung製 320GB (千葉県[法人様])
ヘッドクラッシュによる物理障害
□ お客さまより
データ書き込み中に誤ってUSBケーブルを引き抜いてしまいました。その後、再度パソコンに接続してみましたが、カタカタカタという異常な音がしました。また、パソコンから認識されませんでした。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュによる動作不能化

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッド緊急退避の失敗から生じるヘッドクラッシュで間違いございません。破損したヘッドをクリーンルームで交換いたしまして、それからデータスキャン作業&データ再構築に着手いたしております。特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】140,000円(税抜)

内蔵ハードディスク [WD5000] WesternDigital製 500GB (東京都[法人様])
ヘッド先端の汚れ等による消耗
□ お客さまより
DELL Latitude E4310 昨日まで特に問題無し。本日15時頃起動しようとしたところ、DELLのロゴが消えた後にブルースクリーン表示。STOP: 0x000000ED (0x89A75950, 0xC0000006, 0x00000000, 0x00000000) USBマウスを外し、セーフモードでの起動を試みるも、失敗。その後、DELLのサポートに連絡し、指示によりDiagnosisを実施。エラーを検出。 Error Code 2000-0142 Hard Drive 0 - self tet unsuccessful. Status: 79 DELLからは代替HDDが到着予定。追って換装。
(パソコン本体ごと復旧)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
消耗いたしましたヘッドを回復処置後、プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】100,000円(税抜)

内蔵ハードディスク [HDS722020ALA330] HGST製 2000GB (岩手県[個人様])
ヘッド先端の汚れ等による消耗&プラッタ歪み
□ お客さまより
症状としては時々アクセスが極端に遅くなることがある。HDDからカコンカコンと音がすることがあり、これが起きると遅くなる。標準のバックアップ機能ではシステムイメージファイル作成で必ずIOエラーが出て失敗する。最近WINDOWSからHDD失敗の予測が(ID52)が発生し、発生後の起動時から起動時のBIOS画面でHDDのデバイスエラーが報告され、起動が一時中断するようになった。起動自体は続行を選択することで可能です。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
消耗いたしましたヘッドを回復処置後、プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】80,000円(税抜)

内蔵ハードディスク [ST380020A] Seagate製 80GB (長野県[業者様])
読み書き不能セクタによる物理障害
□ お客さまより
たびたびお世話になります。今回もよろしくお願いします。障害内容:Windows起動せず、ブルースクリーン「unmountable_boot_volume」seatoolsDOSでショートテスト:エラーコード:9bcdcf6b ロングテストでも0%でエラー30個ほど見つかり自動ストップ。エラーコードは同じ:9bcdcf6b 今回、障害後「XPディスク」で起動、「chkdsk /r」を行いました。最後のステージと思われるところで「75%」から進行せず→強制電源断で途中キャンセル。HDDから特に異音等はありません。以上です。よろしくお願いします。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 読み書き不能セクタによる読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
読み書き不能セクタの性質を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】70,000円(税抜)

内蔵ハードディスク [ST9500325AS] Seagate製 500GB (東京都[法人様])
諦めるしかないと言われた
□ お客さまより
他社に依頼したのですが、復旧不能となりました。既にハードディスクを取り出した状態のものを渡されました。接続してみると、BIOSでは認識され、Windows上でもドライブが表示されますが、不安定で突然反応しなくなります。スキャンできないから諦めるしかないと言われたのですが、どうしても諦め切れないため、お願いいたします。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ドライブが途中から不安定となる物理障害となっております。これは、スキャンの入り方が難しいだけで、復旧不能には程遠く、その旨をご説明いたしましてご安心頂きました。プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】140,000円(税抜)

TeraStation [TS-Xe4.0TL/R5] Seagate製 1000GB 4台 (東京都[法人様])
停電?による故障(TeraStation)
□ お客さまより
TS-Xe4.0TL/R5 Raid10にて4TBの物を2TBのHDDとして使用しています。夕刻、突然 Disk3と4が故障したとの表示が出てNASに接続できなくなりました。再起動するとDisk3, 4に加え 2も故障との表示が有ります。Raid10との事で diskの場所は替えずDisk1,3のみを実装して立ち上げてみたりしましたがデータが読めませんでした。停電が約30秒ありましたが、HP 製 UPS T1000 により NASで電源が落ちる事は有りませんでした。本装置の購入はDisk1が故障しメーカ保障にて交換、Disk4 が故障しSeagate Barracuda ST1000DM003に交換した保守履歴が有ります。
(NAS本体ごと復旧)
□ 症状の断定 ビット腐敗によるRAID整合性エラー

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
停電ではなく、ビット腐敗の影響による物理障害を確認いたしました。このビット腐敗はアクセス頻度が低いセクタに発生するため、データを長期に渡り保管するRAIDタイプにとっては脅威です。今回も、徐々に各ドライブがビット腐敗を起こしまして、最終的にリビルドも出来ない状態まで悪化しておりました。RAID10でも防ぐ事ができないほど、深い部分まで破損しておりましたので、このような場合は正常なセクタを出来る限り集めまして、4台から1台分の「RAIDイメージ」を生成して対応いたしております。ビット腐敗、プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にて各ドライブのスキャンを順調に進めまして、RAIDイメージを生成し、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】280,000円(税抜)

RAIDサーバ [ST318404LC] Seagate製 18GB (東京都[法人様])
落雷からの停電による故障(RAIDサーバ)
□ お客さまより
落雷により停電発生。その際、UPSを介さず商用電源へ直接接続していた本サーバがダウンしました。それ以降、OSが起動できなくなりました。◎状況・HDDのフォルトランプは点灯していないがOSブート時にフリーズ(OSはNT 4.0)内蔵HDD #1 形名: Seagate ST318404LC 18GB(別サーバにセットしてもBIOSレベルで認識せず)内蔵HDD #2 形名: Seagate ST373307LC 73.4GB(別サーバにセットするとBIOSレベルでは認識するがOSから認識できず)◎電源投入後の動作 1.Dellのロゴが表示される 2.ハードウェアチェックが実行される 3.OSをロードしようとしたときに画面左上に『OS loader ... 』と表示されたままフリーズ。 以上のような状況です。 先ずは、復旧の見込みがあればお見積りを頂いてから復旧作業をお願いできればと考えております。
(サーバ本体ごと復旧)
□ 症状の断定 落雷からの停電によるヘッドクラッシュ

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッドクラッシュによる物理障害を起こしておりました。クリーンルームを利用いたしまして、クラッシュいたしましたドライブをスキャン可能な状態まで復帰後、プラッタ傷(ヘッドクラッシュ系は傷です)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】250,000円(税抜)

外付ハードディスク [HDJ-UT] WesternDigital製 1500GB (北海道[法人様])
ヘッド先端の汚れ等による消耗
□ お客さまより
USB接続のIO-DataのHDJ-UTシリーズの1.5Tのディスクです。用途はデータの保管場所として使ってたため、データの追記および読込み用途で使ってたものですが、異音がしていたらしいのですが今は電源入れてもディスクの動く音しかしないようです。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗による読み込み不能

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
消耗いたしましたヘッドを回復処置後、プラッタ歪み(消耗系は歪みです)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】120,000円(税抜)

内蔵ハードディスク [HM160HC] WesternDigital製 160GB (東京都[個人様])
ヘッドクラッシュによる物理障害
□ お客さまより
PCを利用中、ヘッドがカコンカコンと異音を発生。電源を切り、再度投入するが、カコンカコンとなり、ブートディスクなしとの画面表示。ハードディスクを外し、USB変換アダプタにて他のPCに接続すると、通知エリアにハードディスクのアイコンは付くものの、ハードディスクは認識されておらず、カコンカコンと異音が継続して鳴る状況。特に衝撃を与えはいない。1日3~4時間程度で4年間使用。
(パソコン本体ごと復旧)
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュによる物理障害

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
ヘッドクラッシュによる物理障害を起こしておりまして、そのヘッドをクリーンルームで交換後、プラッタ傷(ヘッドクラッシュ系は傷です)を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にてスキャンを順調に進めまして、特に問題なくデータの復旧を実施いたしました。

【お見積】150,000円(税抜)

RAIDサーバ [TS809URP] WesternDigital製 2000GB 8台 (海外[個人様])
ビット腐敗によるデータ不整合
□ お客さまより
はじめまして。QNAP製NAS TS809URPというドライブ8台のNASにてWD製2TBドライブ8台をRAID6にて使用しておりました。うち1台のドライブに障害がNASより報告されRAID6がダウングレードの状態になりました為に障害ドライブをホットスワップしました。 (ドライブスロット番号は4番です。) 正常ならばそのままリビルドされるべき所ですが、なぜか交換投入したドライブがJBODとして認識され、残7台に対し容量縮小のリビルドがかかった模様でした。その後このリビルドは成功したようでドライブ7台でのRAID6として数日読み書き使用可能となりました。ここまで通電し続けたまま使用出来ておりましたが一度NASの電源を落とし再起動した所、それまで使用出来ていたドライブ7台でのRAID6のボリュームがNAS自身に認識されなくなりました。このRAID6を復旧したいのですが可否および概算お見積りをお願い出来ますでしょうか。NAS本体は当地から佐川急便にて発送可能と思われます。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ビット腐敗の積み重ねによるRAID6障害

採用技術:学習スキャン(人工知能) R.E.C.O.A.I.
各ドライブがビット腐敗を抱えておりまして、RAID6でも整合性を保てなくなっておりました。ビット腐敗の部分を処理後、RAID6のイメージを出来る限り完成に近づけまして、解析を繰り返し行いました。ビット腐敗の処理には、その対処法を学習済みのR.E.C.O.A.I.(学習スキャン)にて解決いたしております。

【お見積】390,000円(税抜)

本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[自動集計 Ver5.0]
1:[AIデータ復旧サービス] データ復旧成功事例 その4 多数のデータ復旧成功事例をご紹介