AIデータ復旧サービス データ復旧成功事例 その2

ホームAIデータ復旧サービス→成功事例→データ復旧成功事例 その2

※ 2010年:最新技術となるDIRECTSCAN Ver2.0 / 3.0の事例をご紹介いたします。
※ 2011年:「並列同時解析」を開始いたしました。より速く・高精度なデータ復旧に自信がございます。
※ 2013年:ドライブ故障統計を利用するクラウド型のデータ復旧技術を開発・運用開始いたしました。
※ 2014年:故障統計をビッグデータにいたしまして、柔軟な処理を可能としております。
※ 2015年:学習スキャン(人工知能)によるデータ復旧を開始いたしました。
※ 2018年:学習スキャンにCPU+GPGPUを対応させ、迅速かつ的確な制御を実現いたしました。

□ メーカ様・機種 検索

東芝製ハードディスク, HGST製ハードディスク, 富士通製ハードディスク, WD製ハードディスク, Seagate製ハードディスク, Maxtor製ハードディスク, Samsung製ハードディスク, Buffalo製ハードディスク/SSD, IO-DATA製ハードディスク, Logitec製ハードディスク, Lacie製ハードディスク, Windowsブルー画面, Windowsロゴで固まる, 何も表示せず, Mac起動不可, 誤フォーマット(初期化), LinkStation, TeraStation, LAN-DISK, 外付HDD/SSD, RAID-0(ストライピング), RAID-1(ミラー), RAID-5(パリティ付ストライピング), RAID(その他), 東芝製パソコン, 日立製パソコン, NEC製パソコン, 富士通製パソコン, DELL製パソコン, IBM製パソコン, コンパック製PC, HP製パソコン, SONY製パソコン, SHARP製パソコン, Apple製パソコン, Panasonic製パソコン, その他(自作等)

Seagate製 2000GB (東京都[法人様])
サーバからエラー、fsckで認識不能へ
□ お客さまより SAMBAサーバの共有として使用。外付けeSATA経由で接続。ext3形式、OSはubuntu12.04、samba、acl付き。7/6 I/Oエラーの警告、ネットワーク上から読み取り専用となる。7/7 I/Oエラーの警告が継続し、データの読みだし不能となる。7/8 fsck中に、ディスクの認識不能となる。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 プラッタ歪みによる認識不能

採用技術:クリーンルーム&不良セクタ危険予知
Seagate製 DMシリーズに多発する認識不能となっておりました。このシリーズは前兆なく認識不能となる性質がありまして、内部ヘッドから異音が出ない場合もあります。この異音が出ないタイプの認識不能もヘッド一式が破損しておりまして、歪んだプラッタを読み出せずに動作が停止している状態となっております。この機種からのデータ復旧は難解で、内部ヘッドを数回交換することもよくあります。歪んだプラッタに対抗するために調整ならびに最適化された制御を実施いたしますが、それでも全てを読み切るのが大変な機種です。

【お見積】180,000円(税抜)

WesternDigital製 2000GB (静岡県[個人様])
[お持込] 規則的な異音が発生して動作不能
□ お客さまより デスクトップPCのデータ用に使っている内蔵HDDです。2週間ほど前(正確に覚えていません。)だと思います。この日は、PCの起動直後から、HDDからと思われる異音が少ししていました。一つの動画データにアクセスしようとしたところ、そのデータが開けなくなりました。そのままPCがフリーズ状態となり、強制終了しました。再度電源を入れると、やや時間をかけて起動できましたが、このHDDにはアクセスできなくなり、その後、本体から外し、USB接続の外付けHDDケースに入れてアクセスしてみましたが、こちらも不可能でした。その間、HDDからは規則的な異音がしている状態でした。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュ&プラッタ歪みによる認識不能

採用技術:クリーンルーム&不良セクタ危険予知
WesternDigital製の4プラッタ以上に多発する認識不能(ヘッドクラッシュ&プラッタ歪み)となっておりました。WesternDigital製の4プラッタ以上の機種(3.5インチ)は、ドライブの内部にある重要な各部品を固定するビスが増加しておりまして、その分、バランスを取るのが難しくなっております。このため、クリーンルーム作業にて内部の部品を交換する作業だけでは復旧できません。各部品のバランスを調整しつつ、スキャン速度を上げていく微妙な調整を行い、綺麗に各データを復旧いたしました。

【お見積】160,000円(税抜)

HGST製 3000GB 2台(RAID-0) (兵庫県[個人様])
ヘッド系統の消耗によるRAID-0崩壊
□ お客さまより 以下の構成で、RAID-0を構成してました。RAIDボード:HIGH POINT Rocket Raid 2720 HDD:HDS723030BLE640 3TBx2 1,RAIDドライブのアクセス速度が急激に低下し、PCをシャットダウンしようとしましたが、シャットダウンの画面が表示されたまま終了しなかったので、手動で電源OFF。2,再起動後OSのチェックディスクが起動しこれを実行。3,再度、RAIDドライブのファイルにアクセスしようと試みると、RAIDボードのアラートが鳴り、OSがドライブを認識しなくなる。4,ドライブの一方が代替処理済のセクタ数が→2005、セクタ代替処理回数が→2039 回復不能セクタ数→0だったため、このドライブをクローンし復旧を試みました。5,フリーソフトなどいろいろ試しましたが、クローンがうまくいかず、最終的に、FromHDDtoSSD のヘッドレストレーションを使用しクローンを試みました。6,クローンしたHDDをRAIDボードに接続しましたが、RAIDのアレイとして認識しませんでした。95パーセントまで処理が終わったところまでは確認しましたが、次にPCの画面を開いたときには、アプリが終了していたので、クローンの処理が正常に終了したかは不明です。7,現在の状態は、RAIDボードのBIOS画面にはRAIDが構築されていることが表示されますが、OSの画面ではドライブとして表示されていません。HDDは回復不能セクタ数が20前後になっています。8,現在、HDDは正常と思われる RAID アレイ(A)、異常なもの(B)、(B)をヘッドレストレーションでクローンしたもの(C)の3台があります。(いずれも同じ型番のHDD)9,できれば、RAIDを再構築していただき、データをこちらで用意する1台(6TB)のHDDにコピーしていただければと考えています。以上、見積り・診断など宜しくお願いします。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 1台にヘッド系統の消耗による読み込み不能セクタ多発

採用技術:不良セクタ危険予知&RAID再構築
大容量ドライブ(HDD/SSD)のRAID-0におけるアクセス障害に相当いたします。近年の大容量ドライブ(HDD/SSD)は特に目立った予兆なく突然、アクセス不能となります(特に「ヘッド系統の消耗」は転送速度が少しずつ低下するため分かり難いです)。そして、故障する直前までは「正常」を振る舞いますので、僅かなアクセス不能でも中々気が付きにくくRAIDの整合性が保てなくなり、アレイを見失って初めて気が付くことが多いです。このような場合は設定等では復帰できませんので、故障いたしましたドライブをきちっと復旧処置いたしまして、それにより得られたセクタイメージと、正常なドライブのセクタイメージを専用ソフトウェアにて「RAID再構築」いたします。なお、RAIDの構成・破損状況・結合方式などは研究済で、セクタイメージのみ(ドライブのみ)でも問題なく解析できます。このため、パソコン・サーバ本体などは必要なく、ドライブのみでRAIDの復旧に対応できます。なにとぞよろしくお願いいたします。

【お見積】190,000円(税抜)

Seagate製 3000GB (東京都[個人様])
有名なDMシリーズの物理障害
□ お客さまより HDD使用開始から3年ほど経ち、ある時から書き込み、読み取りが異常に遅くなったり、一部ファイルが突然壊れるなどの症状が出始めました。その後一週間ほどしたらPCがHDDを認識しなくなりました。他のSATAやNASに接続し直しても認識しない状態です。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 プラッタ歪みによる認識不能

採用技術:クリーンルーム&不良セクタ危険予知
Seagate製 DMシリーズに多発する認識不能(特に2000GB,3000GBに多い傾向)となっておりました。このシリーズは前兆なく認識不能となる性質がありまして、内部ヘッドから異音が出ない場合もあります。この異音が出ないタイプの認識不能もヘッド一式が破損しておりまして、歪んだプラッタを読み出せずに動作が停止している状態となっております。この機種からのデータ復旧は難解で、内部ヘッドを数回交換することもよくあります。歪んだプラッタに対抗するために調整ならびに最適化された制御を実施いたしますが、それでも全てを読み切るのが大変な機種です。

【お見積】130,000円(税抜)

WesternDigital製 1000GB (東京都[個人様])
磁性体剥離による物理障害(比較的安定した不良セクタ)
□ お客さまより 7日前くらいからPC(DELL一体型PC, OPTIPLEX9010)の動作が顕著におそくなっていた。故障当日(8月2日)の朝に、さらにPCの動作が重くなったので Windowsの再起動を試みた所、OSが起動しなくなった。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 磁性体剥離による起動不能

採用技術:不良セクタ危険予知
ファイルシステムのメタ情報を格納する各セクタに磁性体剥離による読み書き不能セクタが発生いたしまして、その影響で動作不能となっておりました。物理障害ですが、ドライブの状態は安定しておりまして、特に問題なく各データの復旧を完了いたしました。なお、ファイルシステムのメタ情報に関しましては、どうしてもアクセス回数が多いため、代替不足による読み書き不能セクタに変化しやすい性質がございます。ただ、代替が絡むアクセス不能の場合、特にドライブに対する変化が小さいため、安定して綺麗に復旧することができます。

【お見積】80,000円(税抜)

WesternDigital製 500GB (静岡県[個人様])
磁性体剥離による物理障害(比較的安定した不良セクタ)
□ お客さまより 障害発生前は異音等もなく使用できていました。今日、何の前触れもなく電源投入しBIOSロゴ表示直後、左上にメッセージが出まして、Windows自体が立ち上がってきません。分解してUSBにしたのですが、ドライブは認識しますがパーティションが見えません。そのとき、ドライブからは何度も読もうとする音が出ていました。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 磁性体剥離による物理障害(セクタ0の不良化)

採用技術:不良セクタ危険予知
ファイルシステムのメタ情報を格納する各セクタに磁性体剥離による読み書き不能セクタが発生し、さらにセクタの0番が読み出せなくなっていまして、その影響で認識不能となっておりました。なお、論理的な認識不能による読み書き不能セクタとなっておりましたので、特に問題なく安定して綺麗に復旧することができます。

【お見積】70,000円(税抜)

Seagate製 1000GB (埼玉県[個人様])
[お持込] ヘッド系統の消耗
□ お客さまより 外付けHDD(1TB)が今年4月末ほどからデータが急に読み込めなくなりました。以前はHDDのファン?の音が聞こえていたのですが、データが読み込めなくなってからは音がしなくなりました。現在の状況は、USB接続しても反応する(エクスプローラに機器は表示される)のですが、それ以上アクセスできません。また、一度外付けHDDのケースを外して直接ケーブルでつないでみましたが、同じ状況(エクスプローラに機器が表示されるのみ)でした。パーティション?などは確か特にいじっていないと思います。何回かつなぎ直してみてもダメだったので内部がおかしくなっているのかと思い、今回お問い合わせしてみました。よろしくお願いします。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 一部のヘッドの機能低下

採用技術:ヘッドレストレーション&不良セクタ危険予知
ヘッドの一部が消耗いたしまして、そのヘッドが担当するセクタ区間が読み出せなくなる物理障害を確認いたしました。この症状は突然のエラー訂正不能から発生いたしまして、読み出せなくなるセクタが急激に増加するため、急に各データが読み込めなくなる特徴がございます。機能が低下いたしましたヘッドの回復処置を行い、全体をデータスキャンすることにより、綺麗に復旧できる事例です。

【お見積】120,000円(税抜)

WesternDigital製 1000GB (東京都[法人様])
ヘッド系統の消耗
□ お客さまより BUFFALOのUSB3.0対応外付けHDDです。つなぐと一応認識はされ、HDD側のランプもつきます。「スキャンおよび修復」のメッセージが出て、これを選択するところまではできますが、クリックしても「ディスクにアクセスできない」というメッセージが出てしまいます。同じく、PC上のアイコンをクリックした場合も、「アクセスできません。アクセスが拒否されました」となります。特に落としたりしたわけではなく、PCにつないで使用している一連の流れのどこかで こうなってしまったようですが、他の作業者でしたので、完全には状況が把握できておりません。以上が現状ですが、この先、復旧をお願いする場合の手順も含めて、ご教示いただければ幸いです。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 一部のヘッドの機能低下

採用技術:ヘッドレストレーション&不良セクタ危険予知
ヘッドの一部が消耗いたしまして、そのヘッドが担当するセクタ区間が読み出せなくなる物理障害を確認いたしました。機能が低下いたしましたヘッドの回復処置を行い、全体をデータスキャンすることにより、綺麗に復旧できる事例です。

【お見積】70,000円(税抜)

BUFFALO [HD-PET500U2] WesternDigital製 500GB (東京都[個人様])
ドライブが回らない
□ お客さまより
HDDから電子音のようなピッピッという音が鳴った後そのままPCがフリーズしたため、やむなく強制終了した。起動させるとコンピュータでアイコンが表示されなくなっていた。 ドライブには表示されなかったがデバイスでは表示された。 しかしデバイスのプロパティを確認すると全般のデバイス状態に利用不可の文字が並ぶ。ハードウェアを見るとこのデバイスは正常に動作していますと表示されている。コンピュータの管理の記憶域、ディスクの管理を確認するとディスク1の下に「不明初期化されて...」とある。 別ウィンドウで「ディスクの初期化」が表示され、論理ディスクマネージャーがアクセスできるようにするにはディスクを初期化する必要がありますとなりました。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の吸着

採用技術:クリーンルーム&つなぎ復旧
2014年に入りまして、ハードディスクのヘッド吸着が大きな割合を占め始めました。不良セクタの位置関係を予測するつなぎ復旧を利用いたしまして、コスト面を抑えつつ、従来と変わらない確かなデータ復旧サービスを今後も展開していきます。なにとぞよろしくお願いいたします。

【お見積】80,000円(税抜)

[WD5000AAKX] WesternDigital製 500GB (埼玉県[法人様])
内部からキュキュと音がする
□ お客さまより
NC制御のパソコンが壊れてしまいました。症状は起動せず、ハードディスクからと思われる音が異様な状態でした。もちろん、何も出てきません。できれば、本体ごと直せればそのまま使えるので、お願いしたいです。
(本体環境ごと復旧)
□ 症状の断定 ヘッド系統の吸着&クラッシュ

採用技術:クリーンルーム&つなぎ復旧
2014年に入りまして、ハードディスクのヘッド吸着が大きな割合を占め始めました。こちらも吸着後にたまたま剥がれてクラッシュしたようです。クラッシュしたヘッドを交換(クリーンルーム作業)いたしまして、クラッシュ部分を予測しつつ上手く避けて(入り込むと投入したヘッドが再度クラッシュするため)復旧しております。なにとぞよろしくお願いいたします。

【お見積】100,000円(税抜)

[ST3500620AS] Seagate製 500GB (岡山県[法人様])
Windows起動中にブルーのエラー画面
□ お客さまより
Windows起動中にブルーのエラー画面になる。セーフモードでも同じ。某ファイルリカバリーで、復旧を試みるが、「セクターが読み込めません」が出て、復旧不可能。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の消耗&クラッシュ

採用技術:つなぎ復旧
ヘッドの制御が出来ずに、さらにハードディスク認識シグナルも途絶えてしまう物理障害となっております。この障害はSeagate製のドライブ(2.5インチ、3.5インチ)に多発しておりまして、これを回避するには不良セクタの塊を避ける以外に方法が無いため、つなぎ復旧の技術を上手く利用しております。なにとぞよろしくお願いいたします。

【お見積】90,000円(税抜)

バルクのハードディスク [MK3255GSX] 東芝製 320GB (東京都[個人様])
突然、ブルーバックで動かなくなった
□ お客さまより
自分流に交換したのがまずかったのか・・、Windowsが落ちたあと、「ご迷惑をおかけしております・・・」 の画面で、何を選択しても起動不可。 以前にも何回かWindowsが落ちてしまう症状があった。 BIOSにHDDの型番表示はあり。 ジジジというかガガガという異音あり。カックンカックンではない。回転しているような音と振動はあり。容量が大きいため、他社の概算見積もりが高く諦めかけていたのですが、御社のDIRECTSCAN?が気になってメールしました。よろしくお願いします。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッド系統の損傷(消耗系)

採用技術:DIRECTSCAN Ver2.0
2010年に入りまして、ハードディスクの容量が大きくなってまいりました。従来の容量従属では高額となってしまう場合でも、それをカプセル化で抑えるDIRECTSCAN Ver2.0を利用して、従来と変わらないデータ復旧サービスを今後も展開していきます。なにとぞよろしくお願いいたします。

【お見積】70,000円(税抜)

自作機 [HDP725032VLAT80] 日立製 320GB (埼玉県[個人様])
内部より小さな異音が発生
□ お客さまより
突然認識できなくなりました。耳に当てて内部の音を聞いたところ、繰り返しヘッドが小刻みに動き、認識できていない点を確認しています。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッドの急激な消耗

採用技術:Data_Scan&Salvation
内部ヘッドが正常にデータを読み込めず、消耗し切っている状態となっておりました。内部のヘッドを交換することにより読み取りレートが回復、データスキャンに持ち込み、問題なく対応いたしております。

【お見積】100,000円(税抜)

IBMノートパソコン [HTS548060M9AT00] HGST製 60GB (東京都[法人様])
途中で「ジー」と大きな音で止まる
□ お客さまより
マイドキュメント内のパワーポイントにアクセスしたところ、ジーと大きな音でフリーズします。ただ、再起動すると使えていたため、そのまま使い続けてしまいました。今日、ウィンドウズが立ち上がらなくなりジーという音が鳴ったまま先に進まなくなりました。データ復旧を希望します。
(本体ごと復旧)
□ 症状の断定 プラッタ劣化による読み込み停止

採用技術:Data_Scan&Salvation
プラッタが劣化いたしまして、特定の個所でヘッドが動けなくなり、ジーと音が鳴る障害です。はじめはユーザデータ部で起こり始め、そのためかWindowsの起動に支障が出ず、なかなか障害が迫っているという点に気が付きにくいです。最終的にはWindowsのシステム部へ進行してしまい、動作に支障が出てしまいました。データスキャン作業の特殊タイプで、ヘッドがフリーズする特定個所を概算的に予測しながら、出来る限りのデータを復旧可能といたしております。

【お見積】90,000円(税抜)

IO-DATA製 500GB LAN-DISK (NAS) (東京都[法人様])
一切動きません、メーカ診断書あり
□ お客さまより
IO-DATA修理センターへ検査に出したところ、以下の状態でドライブ交換が必要との回答でした。 【診断内容】 製品の起動異常を確認致しました(データ参照不能)。内部ハードディスク簡易検査(認識及びリードテストのみ)にて読み込みエラー発生(ハードディスクドライブ不良)。メーカでデータ復旧はしないため、診断およびデータ復旧をお願いします。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 ヘッドクラッシュ(物理障害重度)

採用技術:DIRECTSCAN Ver2.0
2010年に入りまして、ハードディスクの容量が大きくなってまいりました。従来の容量従属では高額となってしまう場合でも、それをカプセル化で抑えるDIRECTSCAN Ver2.0を利用して、従来と変わらないデータ復旧サービスを今後も展開していきます。また、報告書は必ずお願いいたします。既に実施された部分は省きまして、その分を割引いたします。なにとぞよろしくお願いいたします。

【お見積】100,000円(税抜)

TeraStation WD製 400GB 4台 ファイルの一部が突然消える (東京都[法人様])
ファイルの一部が消えた
□ お客さまより
突然、ドキュメント類一式が消失してしまい、正直非常に焦っています。今すぐにでも持ち込みたいのですが、対応可能でしょうか?ちなみにスパニングです。
(本体ごと復旧)
□ 症状の断定 1台に読み書き不能セクタ

採用技術1:Data_Scan&Salvation
採用技術2:Data_Array&Restoration
ご依頼いただきありがとうございます。RAID(TeraStation含む)もその場で診断することが可能ですので、お気軽にお持込ください。お客様のスケジュールに合わせ、納品いたします。本件では、1台に読み書き不能セクタが発生いたしまして、その影響でファイルの一部が消失いたしております。なお、RAID-5であれば、今回の場合はリビルドが有効です。注:リビルドするには、壊れたハードディスクを交換する必要があるため、その特定が重要です。エラーランプは必ずしも合っているとは限らないため、誤ったハードディスクを交換してリビルドしてしまうと、大変危険です。リビルドという作業は、ある程度のリスクが必ずございます。スパニングの場合は1台の猶予もございませんので、1台破損でも本件のような障害が発生いたします。
※TeraStationは本体ごと復旧する事が出来ます。再度の運用にて便利と思いますので、是非ご検討ください。

【お見積】120,000円(税抜)

TeraStation Samsung製 750GB 4台 RAID-5 EMモードにてフリーズ (東京都[法人様])
データ復旧会社Aへ持ち込んだところ「RAID構成情報消失、ファイルシステムの破損」で170万~200万円の見積が出た。予算の数倍の金額のため断念し、昨日、別のデータ復旧会社Bに持ち込んだところ、診断結果は同様で、税抜き60万円の見積りが出ている。
□ お客さまより
Terastation HD-H1.0TGL/R5 症状:前日まで問題なく使用できていたが、ある日突然共有フォルダにアクセスが出来なくなった。ランプを見ると各HDDのランプは正常だが、DIAGランプが6階点滅していたので、BUFFALO(メーカ)に修理に出すことに。 BUFFALO(メーカ)で修理不可だったため、都内のデータ復旧会社Aへ持ち込んだところ「RAID構成情報消失、ファイルシステムの破損」で170万~200万円の見積が出た。予算の数倍の金額のため断念し、昨日、別のデータ復旧会社Bに持ち込んだところ、診断結果は同様で、税抜き60万円の見積りが出ている。 B社の見積金額でも弊社の予算を超えてしまっているので、この金額より安く復旧をお願いできるところを探しています。この症状で御社で復旧をお願いした場合に概算でいくらになるかをお教えいただきたいです。ファイルの種類:doc/xls/ppt/jpg/png/gif/wmv/wma/mp3/swf と様々です。
(データ復旧のみ利用)
□ 症状の断定 2台に読み書き不能セクタが発生、不整合に達する

採用技術:DIRECTSCAN Ver2.0
読み書き不能セクタは前触れなく発生いたします。また、その発生を知らせる機構が上手く働かないため、このように「気が付いたら何台にも広がっていた」となりまして、これもRAID(スパニング含む)の脆弱性の一つに挙げられます。
※ なお、他社診断の「RAID構成情報消失、ファイルシステムの破損」は少々分かりにくいのですが、同じようなニュアンスです。それらを起こさせた要因は読み書き不能セクタにありますので・・。

【お見積】250,000円(税抜)

BUFFALO製 LinkStation 500GB(WD製) ネットワーク接続(NAS) (埼玉県[個人様])
重要な画像データが多数存在
□ お客さまより
データは殆ど画像データで、290ギガほどありました。 数日前から不安定で、突然ドライブが認識しなくなったり、読み書きが極端に遅くなったりしていましたが、ドライブ認識ができなっくなる度に再起動で復旧してました。 ところが、25日の午前中11時頃、また認識しなくなり、何回かHDの電源を強制的に切って再起動しても復旧しませんでした。モータは回ってますがドライブとしてまったく認識されず、5,6分たつと電源が切れ、DIAGが6回点滅(ハードディスクが正常に認識されてません)となりました。一縷の望みをかけて、HD本体をLinkStationから取り外し、USBのHDケースに入れ換えてみましたが、OSからドライブとして認識されませんでした。
(データ復旧のみご利用)
□ 症状の断定 読み書き不能セクタ多発

採用技術:DIRECTSCAN Ver2.0
2010年に入りまして、ハードディスクの容量が大きくなってまいりました。従来の容量従属では高額となってしまう場合でも、それをカプセル化で抑えるDIRECTSCAN Ver2.0を利用して、従来と変わらないデータ復旧サービスを今後も展開していきます。今回は拡散した読み書き不能セクタが原因となっております。このようなセクタの位置情報は既に探索済みでバイナリ化いたしております。これを利用して効率よく、着実なデータ復旧を実現いたしております。

【お見積】120,000円(税抜)

本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[IUEC自動集計プログラム Ver6.0( +AI )]
1:[メーカ・機種別 成功事例] 東芝製ハードディスクの事例についてまとめました.