Web3.0/NFT 国産 FromHDDtoSSD v2 v3 データ復旧サービス ありがとうございます

ホームWeb3.0/NFT データ復旧技術開発ご支援いただき、誠にありがとうございます

◇ 謝辞 (ドライブ検査/ドライブ故障予測/データ復旧/ブロックチェーン FromHDDtoSSD)

NFTに位相を与えて機能を乗せていくブロックチェーン方式によるデータ復旧技術開発を実施しております。

◇ Build:2250より「SMR技術」のドライブ検査に対応(検証完了)いたしました。

ヘリウム充填のドライブ、検証&調整を完了いたしました。

◇ Build:2820よりSSD/NVMe向けに研究を開始したベンチマーク: 乖離率ベンチマーク

◇ Build:5380より、SSD/NVMeの検査に向けた取り組み: 統計スキャン実装のためのブロックチェーンおよびNFTの開発

FromHDDtoSSD BLOCKCHAIN Ver3.0 [初期の構想]

FromHDDtoSSD BLOCKCHAIN Ver3.0 [ブロックチェーンごと組み込みました]

ブロックチェーンなら、NFTを扱える必要があります。
実は、本当は「データ復旧用途限定」だったのですが、途中から「一般的用途へ拡大」に方針を変えました。
そこで、NFTの階層構造から見直して、どんなNFTでも一般的に生成できる構造へ大幅変更いたしました。そこで位相に着目しました。
その仕組みは、ベースとなるプレーンなNFTに、トランザクションを重ねて位相を組み込んでいきます。
type: Normal qTokenはプレーンなNFTです。まずはこれをトランザクションで作ります。
ここに「ハッシュ系」にて等価演算でtrueを戻す位相をこのプレーンにトランザクションで重ねると、type: NFT hashになります。
このNFTはハッシュが合致するとtrueになるため、所有権移転の機能になります。だからpurposeはownershipになっていますね。
次の例として「文字列系」にてcontractに自由文を入れてトランザクションで重ねると、type: NFT contractになります。
このNFTは自由文に対する投票機能として作用します。だからpurposeはvoteで、contractに、投票内容を問う自由文がありますね。
このような位相をはさむことで、どんなNFTでも生成可能な仕組みを実現してまいります。
今後とも、なにとぞよろしくお願いいたします。

ブロックチェーンによる分散型の解析(合意形成)を活用したドライブ検査……統計スキャンです。
この他、自動復旧機能なども、このような分散型による解析で開発しております。
分散型の場合、統計データへのアクセスが内部になるので、集中型の欠点であるサーバ負荷が限りなく増大するデメリットがありません。
これだけでも、ブロックチェーンを導入した価値があります。その他、一般的用途で、楽しみましょう!
NFTとして、多種多様な機能を乗せて楽しめないと、意味がありません。

◇ アクセス [ベスト5]