フォルダ階層・ファイル名ごと綺麗に元通り
データ復旧サービス

A Drive(HDD/SSD) failure prediction utilizing BLOCKCHAIN technology

ホーム国産ドライブメンテナンス→謝辞→ご支援、ありがとうございます

■ 謝辞 (ドライブ検査・故障予測・データ復旧 FromHDDtoSSD)

ドライブ検査・故障予測・データ復旧ソフトウェア FromHDDtoSSDは、2020年で12年目を迎えました。
※ 開発は14年目となります。はじめ(10年以上前の初期リリース版)は検査機能+αのみの簡素な機能(ドライブ検査機能)だったのですが、 現在では各機能にドライブ故障統計を反映させ、従来の方式では把握しきれない部分をビッグデータで補いつつ、解析を進めることができるようになりました。 そして、このビッグデータの量が多くなってしまいまして・・解析処理とノードを分散させることができるP2P方式のブロックチェーンに移行する見込みとなりました。

■ Build:2250より、ヘリウム充填のドライブおよび、書き込み密度を上げる「SMR技術」のドライブ検査に対応(検証完了)いたしました。

ヘリウム充填のドライブ、検証&調整を完了いたしました。

[重要] SSDドライブ検査について

SLC,MLCの場合は完全スキャンのみで良いのですが、近年の多層SSD(3D NAND等)の検査では不完全な事が掴めました。
※ 情報エントロピー(乱雑したデータ量の割合に関する指標)が低いと正常だが、高いとエラーとなるものが多く出回っているためです。
これを調べるため「乖離率ベンチマーク」があります。
完全スキャンの他に、こちらをさらに実行いたしまして、A~Fが25%以下ならば大丈夫です。
※ 下にあるベンチマークから開いて、個別アクセス調査を実行いたします。(実行例:INTEL製 512GB SSDSC2KW512G8)
(本機能は、情報量を大きく変動させ、そのような状況であっても速度が引き出せるかどうかを調べることができます)

FromHDDtoSSD BLOCKCHAIN Ver3.0より、完全スキャンのみでSSDの完全検査に対応いたします。
※ ブロックチェーンは「読み出し」だけならばずっと無料です。すなわち、「フリー」で対応いたします!

FromHDDtoSSD BLOCKCHAIN Ver3.0

□ ビッグデータの件、誠にありがとうございます。十分に蓄積されてきております。
※ 集まった情報を細かく解析いたしまして、2016年よりR.E.C.O.A.I.(機械学習スキャン&人工知能)を本格的にスタートいたします。 なにとぞよろしくお願いいたします。

※ 従来は「運任せ」だった壊れかけドライブの処理が、戦略を立てて実施できるようになりました。
※ 単独10.0TB以上のドライブに対するデータ復旧を、効率良く安全に処理できるようになります。
※ ここに至るまで、バグ等でご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
※ 2013年、全コードを見直して修復しております。(Build:2000で修復完了)
※ 不良セクタ危険予知、ホコリ前提復旧をデータ復旧機能へ導入し、調整を進めております。=>導入いたしました。
※ サーバの大幅強化、プログラムの見直しで、機能修正&全体の負荷を軽減します。=>完了いたしました。
※ 2015年4月より、データ復旧ソフトウェア方面にも本格的に「ビッグデータ」を採用いたしまして、「データ復旧クラウド FromHDDtoSSD」として、この先も開発・改良を実施してまいります。
※ 2016年9月より、AI完全自動ドライブ復旧システムを少しずつリリースしていきます。
※ 2020年:ビッグデータの処理が重くなっておりましたが(すみません・・)、P2Pなブロックチェーンで解決いたします。m(_ _)m

□ ドライブの悪化に関する研究を大きく進めております。
※ データ復旧ではドライブの状態を大きく変えない事が成功につながります。
それゆえに、ドライブを安定させる事に全力を注ぎます。

□ データ復旧サービス クラス100クリーンルーム

HDDが認識できない場合、クリーンルームで修理いたしまして、独自開発の各復旧ツールで解析を進めていきます。
こちらは、ドライブの分解が絡みますので、データ復旧サービスの担当となります。

工場外観 クリーンルーム作業C
クリーンルーム作業B クリーンルーム作業D