ジャンクなドライブ 一人旅 ※ 壊れかけドライブに対する色々な疑問にお答えいたします

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームビッグデータの復旧技術応用ジャンクなドライブ 一人旅

本コンテンツ(ジャンクなドライブ 一人旅)では、壊れかけドライブに対する色々な疑問(テクニカルサポートにて多い順にまとめております)にお答えいたします。 また、データ復旧クラウド FromHDDtoSSD 「不良セクタレストレーション」を利用いたしまして、 ジャンクなドライブを修復・再利用・再活用いたします。

■ データ復旧は「運任せ」ではありません。
大量の壊れかけドライブ統計データ(ビッグデータ)より、安全に対応いたします。
今のデータ復旧サービスは、勘に頼ったりいたしますと、失敗いたします。徹底的な調査・解析結果を積み上げるしかありません。

ジャンクHDD(不良セクタ)よりスタートしてまいります。なにとぞよろしくお願いいたします。

本ページをご覧頂きました方は、以下のページも見ております。[自動集計 Ver4.0]
■ 集計中.....