プラッタが大きく損傷:未だ不明の多いご案件でした。

■ アクセス [ベスト 5]
1:AI完全自動ドライブ復旧システム FromHDDtoSSD:最新版ダウンロード
2:ドライブ故障統計(ビッグデータ採用):ストレージ故障予測の仕組み 概要 用途別に2種類をご用意 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
3:AIデータ復旧サービス 機械学習スキャン(AI)による安定したお見積・復旧率が安心の鍵
4:ドライブ検査は断られました お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに復旧はできる?)
5:担当者ブログ ※ 2017年はR.E.C.O.A.I.中心にまとめます。

ホームドライブ解析技術→バックアップの危険性→プラッタが大きく損傷
パソコンにまつわるコラム:プラッタむき出しのハードディスク

■ 下地が剥き出しとなったハードディスク (磁性体がえぐり取られています)

○ データ復旧業者にて確実に復旧できると伝えられていたが、「プラッタに傷」の理由で戻ってきたご案件です...

引き受けてはみましたが、想定していたレベルを遥かに超えています。
※ まだお問い合わせの段階にも関わらず、「データは確実に復旧できる」と言われていたようです。
このような場合、大変申し訳ございませんが「危険なケース」につながります。十分にご注意ください。

両面の磁性体が剥がれ落ち、下地が剥き出しです。
※ 通常の故障では絶対に考えられない状況であることは明らかです。
両面合わせて4ヘッドが、偶然的にプラッタ全表面と擦れたことになります。
まず、ハードディスクの構造上、1ヘッドでもクラッシュすれば動作に至らなくなります。
この点だけ取り上げても、偶然が重なり4ヘッドが全て同時に壊れ、さらに磁性体をえぐった?という不可解さがございます。

診断結果:復旧不可となりました。磁性体(データが記録されている部分)が一切ないためです。

ガラス剥き出し
本ページをご覧頂きました方は、以下のページも見ております。[自動集計 Ver4.0]
1:[HDD/SSDの症状あれこれ] 論理フォーマットについて考えてみます.