物理フォーマット:現在では、データ抹消を行うための機能となりました。

ホームドライブ解析技術→バックアップの危険性→物理フォーマット
物理フォーマットの方法

■ 物理フォーマットとは?

□ フォーマット作業には「2種類」が存在いたします。

物理フォーマット(LowLevel-Format):ドライブを記録媒体として使える状態にするためのフォーマット作業
論理フォーマット(HighLevel-Format):領域を各ファイルシステムで使える状態にするためのフォーマット作業

物理フォーマットは、ドライブを記録媒体として「使える状態」にするフォーマットとなります。
いわゆる、今のドライブの場合は各セクタ(LBA)にアクセスできる状態にするフォーマットを意味しております。
※ 古いハードディスクは、ヘッドの位置を各パラメタで与えまして、各データにアクセスしていました。
ヘッドの移動時間が無視できないため、ファイルシステムレベルでそのような各パラメタを計算して渡す必要があったためです。 そして、今のドライブにそのような「タイムラグ」を考える必要はないため、先頭から番号を順に振る「論理セクタ(LBA)」のみで処理できる訳です。

※ 1セクタを512バイト(2048バイト/4096バイト)にまとめて、これらを1セットにして情報をやり取りいたします。

そして、物理フォーマットはいつの間にか、完全に消去する意味合いで使われるようになりました。
ただ、別に消去しなくても論理フォーマットだけで別の領域を運用できますので、意味合い自体も異なってきております。
※ SSDの場合は書き込み制限があるため、物理フォーマットはSSDコントローラ自体が不安定になった場合に限り使います。 内部を完全に消去いたしますと、動作が旧に安定し始める効果が得られるためです。ただし、ドライブ容量分の書き込みが行われます。

■ データ抹消ツール(物理フォーマット)について

公開しておりますソフトウェアに「データ抹消機能(物理フォーマット)」を実装中です。
※ この機能で抹消された場合、データ復旧機能を用いましても復元できなくなりますので、十分にご注意ください。

SSD 180GB