論理フォーマット:各ファイルシステムで利用可能とするためのフォーマットです。

■ アクセス [ベスト 5]
1:AI完全自動ドライブ復旧システム FromHDDtoSSD:最新版ダウンロード
2:ドライブ故障統計(ビッグデータ採用):ストレージ故障予測の仕組み 概要 用途別に2種類をご用意 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
3:AIデータ復旧サービス 機械学習スキャン(AI)による安定したお見積・復旧率が安心の鍵
4:ドライブ検査は断られました お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに復旧はできる?)
5:担当者ブログ ※ 2017年はR.E.C.O.A.I.中心にまとめます。

ホームドライブ解析技術→バックアップの危険性→論理フォーマット
論理フォーマット

■ 各フォーマット操作「論理フォーマット」作業の詳細

動作可能な状態にする「物理フォーマット」(工場で行う最初で最後の特別な初期化)にて、デジタル信号を記録できる段階になりました。
しかしながら、これだけでは全く利用することができません。
データを最適な位置に配置し、いつでも読み書きできるように並べる必要がございます。その仕組みを先頭に書き込む作業が論理フォーマットです。

その論理的な構造を「ファイルシステム」と呼びます。 つまり、ハードウェアの側面では0と1のデジタル信号を読み書きしているだけですが、 この間にファイルシステムが入り込み、論理的なデータ構造を読み書きできる仕組みとなっております。

□ フォーマット形式に関しまして

FAT12, FAT16, FAT32, NTFS, ReFS, exFAT, HFS, HFS+, Ext2, Ext3, Ext4, XFS, UFS, ZFS (その他にも多数あります)
※ データを読み書きする仕組みがファイルシステムとなります。この仕組みを守りつつ、データを早く安全に入れ出しできるかが、性能となります。

■ ファイル数が大きくなると、ファイルシステムへの負担が大きくなります

※ 書き込みやリネイムは、構造自体が大きく変化し、沢山ファイルを抱えておりますと、重くなります。

重要データ運用の場合、必ずパーティションを複数に分けまして、 一つ当たりの負担をファイル数上限100,000程度に抑えると長持ちする傾向がございます。
また、FAT16 / FAT32で莫大なファイル数を管理するのは無理があります。 WindowsXP以降では、FAT32について32GB以上はフォーマットできないようされておりますので、早めにNTFSなどに移行する方が良いと思います。
※ ただし、NTFS変換は使わないで下さい。データ損失のリスクが大き過ぎます。 ここは別ドライブを購入し、そのドライブをNTFSでフォーマットし、データをコピーいたします。 コピー元のドライブはバックアップとして保管する手が一番の最善だと思います。

※ FAT32のファイルサイズ上限は、4GBとなっております。
アドレスを格納するための器のサイズ限界が主な理由です。なお、これを解決したexFATなども出てきております。 外付型HDDのフォーマット形式がFAT32で出荷されている機会も多く拝見いたしており、このような壁に当たるユーザ様の増加傾向も問題となっております。

※ 論理フォーマットは、各パーティションを使える状態にするだけですので、 必要ない箇所の消去は行いません。つまり、データが残ったままとなる訳です。初期状態となりますから表向きは消えております。 なお、内部の奥深くには前のデータが残っておりまして、データ復旧ソフトウェアにて取り出す事ができます。
※ 譲渡・売却・廃棄の際には必ず物理フォーマットで完全消去をお願いいたします。

内部にデータが残っておりますと、論理解析で取り出すことができますので、この状態でドライブを破棄してはなりません。

データ復旧ソフトウェア
本ページをご覧頂きました方は、以下のページも見ております。[自動集計 Ver4.0]
1:[HDD/SSDの症状あれこれ] 物理フォーマットについて考えてみます.
2:[データ復旧サービス] お見積をご案内いたします. ※ 納期を調整し、ご相談可能です.
3:[データ復旧クラウド] フリーより多数の機能を揃えております.
4:[会社概要] 会社概要をご案内いたします.

このページをご覧いただいた方のうち、18%の方がお申込(お問い合わせ)いただいております。ありがとうございます。