4, 不良セクタ修復に関する考察 実例を基に、修復プロセスを考察

ホーム運用技術→運用技術について→4, 不良セクタ修復に関する考察

4, 不良セクタ修復に関する考察

以下のスクリーンショットは、不良セクタを抱えたドライブに対する自動復旧を試みております。
68という数値が転送速度を示しているのですが、特に問題ない水準の速度が出ております。 前章の3, 不良セクタに関する考察で示したように、不良セクタは単なる読めなくなったセクタ、という解釈では力不足です。
色々な持ち味の不良セクタが、複雑な条件で組み合わさって登場します。それをしっかり把握し、修復を試みていきます。

システムリカバリ

4a, 修復の概念

不良セクタの修復は、破損したセクタの再利用を目的といたします。
一部のセクタが修復できたとしても、完全に取り切れない場合、そのドライブの再利用は叶いません。
このため、ドライブ再利用を前提とした場合を考えていきます。

4b, 修復の実行

実例を基にした分類から、実際に実行を行いまして、検証を進めていきます。

※ 不良セクタの修復については、100%を保証するものではございませんが、お気軽にお試しください。
※ ソフトウェアについては、こちらよりどうぞ。 機能の方は「不良セクタレストレーション」です。

4c, 考察

分類いたしました不良セクタ順に、ドライブ再利用を前提とした修復を考察いたします。
※ この分類については、前章の3, 不良セクタに関する考察をご参考ください。

4ca, 読み込み不能セクタ

実測側・シミュレーション側共に、読み込み不能セクタが検出されますとそのブロックが「黄」になります。
復活できる可能性は極めて高く、「再発性」が見られない場合、この程度であれば再利用は可能と判断できます。
なお、この「再発性」につきましては、次項(4d, 再発性)にて詳しく説明いたします。

4cb, 書き込み不能セクタ

実測側では「緑」となります。しかし、シミュレーション側(下)で「赤」となるセクタです。
※ 書き込み側の破損となりますので、HDDの場合は「再発性」の確認が必要です。また、SSDは再利用不可となります。

4cc, 読み書き不能セクタ

実測側・シミュレーション側共に、「紫」となるセクタです。
※ 代替が尽きている場合が多く、再利用は難しい場合が多いです。
※ 何度か修復を試み、それでも変化が得られない場合(「紫」のまま)は、寿命と判断できます。

4d, 再発性

修復できたと思われた不良セクタが、同じ場所に再発する可能性を考えていきます。

4da, 再発のみ

実測側は「紫」となりますが、シミュレーション側は「赤」となるセクタです。
※ 周辺に危険なセクタが迫っておりますので、再発性が高く、再利用は厳しいです。
すぐに状態が崩れるわけはなく、OSは稼動してしまう場合も多々ありますが、必ず近日中に移行をお願いいたします。

4db, 再発のち拡散

1, 実測・シミュレーション共に「赤」となるセクタです。
2, または実測側で「黄」となりますがシミュレーション側で「赤」となるセクタです。
※ 「赤」の場合でも、上述の2つは再発のち拡散いたします。すぐに使用を中止し、移行をお願いいたします。

本ページをご覧頂きました方は、以下のページから参照しております。[自動集計 Ver5.0]
1:[AI完全自動ドライブ復旧システム] ドライブの故障を全自動で予測いたします.