ドライブ保守交換のタイミング:迷ったら不良セクタシミュレーションで徹底的に検査しましょう。

■ アクセス [ベスト 7]
1:□ ドライブ検査から自動データ復旧まで・・ FromHDDtoSSD Build 2820:最新版ダウンロード
2:データ復旧不能となる最大の要因1:認識可能なドライブを分解され、「*枚目のプラッタに傷がある」と・・?
3:データ復旧不能となる要因2:磁気ヘッドマップ作成およびヘッド切り替えができないため、対応不可?
4:検査はお断り?お客様実例からの、データ復旧サービスの実態について(検査はできないのに・・・復旧はできる?)
5:□ ドライブ故障統計(ビッグデータ):多角的な解析:フリーのストレージ故障予測 [S.M.A.R.T.のみでは厳しい]
6:大容量ドライブに関するデータ復旧の仕組み 機械学習スキャン(AI)による高い復旧率(最後までスキャン可能)
7:担当者ブログ ※ 2017年はAI完全自動ドライブ復旧システムおよび統計スキャンについて、まとめます。

ホームドライブ解析技術→バックアップの危険性→保守交換のタイミング
壊れる直前を自動で見抜く、故障予測サービス

■ 故障判断とバックアップを自動化 ストレージ故障予測ソフト

ハードディスクに関しましては、壊れやすい時期がありまして、 それを見計らいバックアップする事により、大損失を避ける手法が有効です。ストレージ故障予測を実施し、そのタイミングを計ってみてください。
>> ストレージ故障予測機能 FromHDDtoSSD

※ ドライブの故障を予測するとされるS.M.A.R.T.機能には期待できません。
正常値を示した状態で故障する方が圧倒的に多いため、指標としては使えません。

※ S.M.A.R.T.が正常でも、絶対に楽観的にはならず、バックアップする事が何よりも大切です。

■ マイドキュメント・デスクトップの場所
※「Cドライブ」は仮定です。Windowsのインストール先となります。

※ MyDocuments関連 □ マイピクチャ、お気に入りなども、この階層に存在いたします。
Windows 2000 / XP:Cドライブ=>Documents and Settings=>(ユーザ名)=>MyDocuments
Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10:Cドライブ=>Users(ユーザ)=>(ユーザ名)=>MyDocuments,Picture等
Windows 95 / 98/ 98SE / Me:Cドライブ=>MyDocuments

※ デスクトップに存在するファイル
Windows 2000 / XP:Cドライブ=>Documents and Settings=>(ユーザ名)=>Desktop
Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10:Cドライブ=>Users(ユーザ)=>(ユーザ名)=>Desktop
Windows 95 / 98/ 98SE / Me:Cドライブ=>Windows=>デスクトップ

■ ハードディスクが壊れやすい状況になる主な状況

1, 電源投入・切断の際の振動

電源投入&切断は最も壊れやすい状態となります。モータの回転数上昇中は消費電力が大きく、電力不足は致命的です。
※ 回転始動が不安定となりがちで、何度も始動を再試行するような感じとなります。
ただ、目的の回転数に達すると消費電力が大きく減ります。複数接続の際は、ジャンパピンでスピンアップのタイミングを分けられる仕組みもございます。

2, 衝撃

立てた状態から倒しただけ、これでも許容範囲を超える可能性がございます。(3.5インチ)
また、きちんと固定しても、共振の形で振動が増幅されます。これには、重しなどで共振を抑え込む手法などがございます。

3, アクセス中の電源切断

不良セクタやヘッドクラッシュの原因となります。
緊急時(例:ウイルスによりデータが破壊され始めた等)以外は絶対に行ってはなりません。

4, 静電気

火花が散るほどの静電気を帯びた手で電子制御基板に直接触れれば、損傷に直結いたします。

5, 熱

HDDに限らず、精密機器には大敵となります。冷却する事で寿命を延ばす事が可能になります。
※ 冷却するためのファンも消耗品ですので、定期的な交換を要します。

6, 湿気

水分は大敵となります。ホールから内部に入り込むと、プラッタに悪さを働く場合があります。

7, 気圧の変動

台風などの大きな変動は、色々と影響が出始めます。
密閉されていると思われがちですが、必ずホールが存在し、空気を出し入れしております。
※ ヘリウム密閉型のドライブは、密閉されておりますので、この変動の影響を受けません。

8, 電力不足

電源容量を越える機器の接続、電源コネクタとの接触の悪さなどにより、思うように電力供給されないケースでは、物理的な障害に繋がる危険性が生じます。
※ 例として、スピンアップが再試行されたり、ヘッドの動きが異常になったりする現象が起きます。 それだけなら良いのですが、磁性体が破壊され、データを損失する事にも直結いたします。 これらは安価な電源や外付ケースなどに多く、知らない内に起こる怖い障害で、油断できません。

□ 最適なバックアップの時期について

四季がありますので、温度と湿度が大きく動きます。
夏場の高温多湿は最悪な環境です。クーラなどで室温調整されている場合は良いのですが、外出中などに長時間を要す処理をさせたまま放置するのは危険です。
※ HDD冷却を必ず追加いたします。スピンドルモータの底部分を冷却いたしますと、効果的です。
また、梅雨の時期は常時危険信号が点灯しています。この時期へ突入する前には、一旦、完全バックアップを心掛けましょう。
目安は4月下旬~5月上旬となりますので、ゴールデンウィーク中に行うのが理想です。
※ 常時更新されるデータにつきましては、日頃のバックアップがとても大切です。

□ 電源投入回数を減らす方法について(ハードディスクの場合)

スピンアップの回数を極力減らし、電源を投入したまま運用する手法です。
スピンアップ/スピンダウンなどの高い負荷を避ける点や、冷却を併用する事により温度の変動を最小値に保てるメリットがあります。
モータの消耗が心配されますが、他部品の寿命と比べても、大変長持ちいたします。
また、一定の回転数となりますので、軸受を保護できれば最善となります。軸受を保護するには、モータの底を冷却いたします。

□ ストレージ故障予測

色々な変動や故障要因を自動的に計算して監視するストレージ故障予測を開発いたしました。
>> データ復旧ソフトウェア FromHDDtoSSDにて、詳細に説明いたしております。

故障予測ビュー